68歳のデビュー!〜あなたの夢にかぶっていた ほこりを払いましょう〜


今日、母がポツリと言った。

「私、歌を習い始めて、10年経った。」

あ、あーー

もう、そんなになるんだ!

令和になったので、

今まで、どんな歌を習ったかなーと、

日記を読み返していたら

習い始めて、ちょうど10年目になる!

と分かって、驚いたそう👀

というわけで、

10周年記念㊗️で、リライトして再アップ!

母が、アバターコースを受けて

子どもの頃に持っていた夢を

叶えるまでの物語です。

母 63歳。(受講当時)

子どもの頃から、歌が大好きで

そして、上手だった。



高校生の頃の夢は、オペラ歌手。

でも、貧乏だった母の実家では 

それは、本当に夢に過ぎず


母は、高校を卒業して、すぐに働いた。


そのあと、20歳で農家に嫁いで 

慣れない百姓をしながら 、

三人の子どもを育てた。

長男を病気で亡くすなど 

悲しい悲しい、経験をしながらも

あとの二人の子どもに

惜しみない愛情を注いでくれた。

そうして、育ててもらったのが

私と弟。

母は、30代半ばで勉強をして、就職試験を受け 

介護福祉の資格をとり



老人ホームの現場で、

定年まで、勤めあげた。

孫もできて、

これからは、孫の成長を楽しみに ゆっくり、父と田畑を耕して

花でも育てながら、過ごそう、、、

と、思っていた時に、

アバター®に出会う。

「あなたの夢にかぶっていた ほこりを 払いましょう」  -リサーフェシングワークブックより


そこから、母の人生が

また大きく、動き出す。

アメリカの上級コースで、起きたこと。

ワークの中で 母は、自分にフタをしていた、

湧き上がる思いをもう一度、心から感じる。

「今まで、私は  良い妻、良い母親、良い姑であることが、大事だった。  そうあろうと、必死でがんばった。

 でも、これからは、本当に

 心から、自分がしたいことを 楽しみたい 。  それは ♪歌うこと♪  私は、子どもの頃から、歌がずっと好きだった  忙しい毎日で、夢をあきらめてたけど   私は、歌いたい !!」

その瞬間、キラキラと

夢見る少女のようになってました ✨✨✨


日本に帰ってきてから、さっそく コーラスグループの講座を探し、申し込む。

そして、勇気を出して 知り合いが誰もいない、

コーラスグループの扉を開き 


1人で、参加。

興奮して、帰ってきて

「みんな いい人達ばかりだった。上手だった〜!」

と、楽しそうに語る、その様子は 

喜びに満ちていました✨💕✨💕

それから、5年後の2014年。

母は、なんと!

コンサートに出演する。

岡山シンフォニーホール!

ばばーーん!

ついに!

「舞台に立って、歌いたい。」

という、子どもの頃からの夢を 叶えるのだ!

母は、こう言った。