仕事でつぶれてしまいそうなあなたへ〜全部、私のお手柄だ!前編〜


10年前。

私が、初めて

アバターツールに触れた時の、エピソードです。

※ アバターのツールの体験は、人によって様々です。

ここでは私個人の経験として、お読みくださいませ。

アバター®コース第1部

リサーフェシング®ワークの中には

自分が信じていること=信念を

色々な視点から調べていく



「透明な信念」

というワークがあります。

信念

というと




「志」とか


「強く信じていること」


「生き様(ざま)」


「つらぬくもの」

といった、



強いもの

変わらないもの



という

イメージがあるかもしれませんが

ここでは、

「自分が信じていること」


「思っていること」


「感じていること」


といった、もう少し

広い意味でとらえています。

受講当時、私は

教師の10年目研修を終え

卒業生を送り出し



心身ともに、限界まで働いていた日々。

春休みは、あっという間で

気持ちをリフレッシュする時間も



体を休める余裕もない。

中堅どころ、という

年齢も相まって



容赦なく、次の仕事は押し寄せる。

「頑張って仕事をやればやるほど、

次の年度は、さらに、大変で難しい

クラスや校務分掌になってしまう。

という、状況を変えたい!!」

と、それはそれは、

切実に思っていました。

なので、

「透明な信念」の

ワークのテーマとして

「やればやるほど、仕事が増える」

と、いう状況を扱うことにしました。

これで、その現実が

本当に、変わるのなら



めっちゃ、嬉しいじゃないですか!

そして、ワークが始まりますが



進め方は、とってもシンプル。

友達でもあるマスターに、

ガイドしてもらって



15分か、20分くらい

経った頃かな〜


あれ〜、もう出てこないな〜

言い尽くしたよ〜



と、思い始めた頃、、、

それは、急に



ポン!


と、口から出てきたのです。

「全部、私のお手柄だ!」

え!?

と、一瞬の沈黙の後、、

ガイドしてくれていた友達と

顔を見合わせて、大笑い😆

ええーーー!?

何、コレ。

「やればやるほど、仕事が増える」

その、状況を

創り出していたのは

「全部、私のお手柄だ!」

って、自分が信じてたから

ってこと?!

ええーーーーーーー

そんな、バカな。

でも、、

それは、、

よくよく感じてみると、、



いえ、

よくよく感じてみなくても、、

口に出した

その瞬間に

本当に

腑に落ちる、というか



紛れもなく、

それは私だ。



間違いない。


ぴったり合うぜ!



という感じに、

全身包まれたのです。

あー、そういうことかあ。

仕事を任されて

嫌だイヤだ、



と口では言いながらも

心のどこかでは、


「やっぱり、私、できるからなー。」😁

「優秀だから。フッ。」😎

「評価されてるわ、私〜。」😛


みたいに優越感を感じて

エゴがめっちゃ



満たされていたんですよね💕💕💕

ハイ、認めます。

自分が「信じている」と

頭で思っていることや

こうなると、いいな〜

という、願望ではなく



なんの疑いもなく

自分の中では、すっかり



真実になってしまっていること

リアルに信じていること

が、現実になる。


だから、本当の自分は

「どんどんちょうだい〜!

どんな大変なクラスでも

私、できるから〜!

優秀だから〜!

評価されたいから〜!!

むしろ、カモーン✨」

って、思ってたってこと!?


なるほどー!

それじゃあ、



「やればやるほど、仕事が増える」



ハズだわ。

仕事で評価されることを

望んでるんだもん。



望み通りの現実になってるわ。

ハ、ハズカシー(*_*)

さて

大事なのはココから。



現実を変えたくて

扱ったワーク。



透明な信念後、

現実はどのように変わったかのでしょうか?

→ 後編へ、続く。


アバターって何ですか?

体験ワーク毎日開催しています

お申し込みはこちらまで


201回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。