2013 スケートアメリカ観戦記⑥ あなたにどうしても伝えたいことがある


前回までの流れ

スケートアメリカ観戦記① 

プロローグ


スケートアメリカ観戦記② 

初観戦は驚きと感動がいっぱい〜!


スケートアメリカ観戦記③ 

スケートアメリカの夜は更けて


スケートアメリカ観戦記④ 

敬意と感謝と祝福を♡


スケートアメリカ観戦記⑤ 

眠れぬ夜

眠れぬ機内で


2人への思いを込めた

手紙を書き上げた。

さて、どうやって 

渡そうか。

髙橋選手はビジネス。

町田選手はエコノミー。

ビジネスには、行けない。

ということは

機上では 

髙橋選手へ渡すのは無理。

町田選手は

私の右斜め前に座っていて

2席あるところの窓際席

隣はいない。


でも さすがに

行けないだろー

と、思いながらも

眠れやしないよ!

そして

チャンスは、やってきた。

着陸1−2時間前になり

町田選手が何か

立ったり座ったり

ごそごそし始めた。

何か

iPadみたいなの

取り出して 

作業?してる。

今か?

今なのか?

足が震えるよ。

ここでやめても 

誰も知らないよ。

無かったことに、できるよ。

手紙も、捨てればいいだけのこと。

でも、町田選手に 優勝の祝福と

オリンピック選考、頑張ってください

応援しています。

と、今伝えなくて 

本当に後悔しないのかえ?

行った。

行きましたよ。

席まで。

そして、声をかけました。

町田選手に

「スケアメ優勝

 おめでとうございます。」

伝えた!

「ありがとうございます。」😊

応えてくれたー 涙

それから、毎朝5時に起きて

コンパルソリを練習していることや

岡山のスケートリンクの

思い出などを話してくれて

私からは

倉敷翠松高校

(町田選手、髙橋選手の出身校)には 

2人の垂れ幕がかかっていますよー

と伝えると

嬉しそうにしてた!

いつでも声かけて下さいねーって

なんっって、いい人。

そして、お手紙を渡して 

握手して


mission complete!!

もう、絶対この人が

オリンピックに

出場できるように応援しよう。

心に誓う。

そして、席に戻り

着陸に備える。

次は、髙橋選手。