2013 スケートアメリカ観戦記④ 敬意と感謝と祝福を♡


スケートアメリカ

2日目。


今日のスケジュールは

3日目 女子フリー

    ペアフリー 

    エキシビション

もちろん

午前中の公式練習から

行く気満々です。

でも、みんなから 

その時間より

さらに早い時間に

会場に行きましょう

と言われたので

なんで?

と思っていたら

今日は、女子フリーがあるので

女子バナーのために

男子のバナーは場所を空けるために

外すのだそうです。

そ、そうなんだ!

会場に行くと、、

ほんとだ!

昨日まであった


髙橋大輔さん

町田樹さん

小塚崇彦さん

の男子バナーは

綺麗に無くなっていて

真央ちゃんのバナーがいっぱい💕💕

そうそう。

会場前でですね。

私は、その場にいなかったのですが

昨日、オフ会をした人達が


試合の取材に来ている

松岡修造さんに会ったそうです。

そしたら

何て言ったと思います?

「みなさん、

試合は午後からですよ。

 こんな朝早くから

何しに来られたんですか?


はー!?

公式練習を見に来たに

決まっとるやないかーい!

と思ったんですが。

やっぱり

練習って

普通は見に来ないんですかね。

私、練習風景とかリハーサルって

大好きなんですけど!




ある意味

試合より興味深いかもしれない。

体を温めるために

ぐるぐるリンクを周回してたり

ジャンプの感触を確かめたり

選手同士しゃべってる姿って、、

何時間でも見飽きない。

むしろ!

もっと!

やって欲しいとさえ思う!

実際、

見に来ている人は

ほとんどいなかったので

最前列で、見てましたよ。

ものすごいスピードで

目の前を通り過ぎていく

選手たち。

エッジが氷を削る音も

よく聞こえる。

そう。

生観戦して感じたことの1つに


やっぱり フィギュアって

スポーツなんだなあってこと。

私は

バレエやミュージカルが好きで

よく舞台を見に行っていた。

フィギュアスケートは 

スポーツと芸術の融合

と言われているけど

自分が思っていたより

ずっとスポーツだった。

と言ったらいいのか。

バレエやミュージカルのように

みんなで創り上げるものではなくて

技や表現を競い合う