あなたの話が聞きたい。どうしても。


20代 駆け出し教師の頃に出会った

先生方が必ず言われていた「意識」の話

→ 私が「意識」というものを「いしき」したのは

その約10年後

もしかして、こういうことー!?

って、ほんのすこーーーし 

その片鱗に触れられたように感じた時のエピソードです。

教師になって10年以上経ち

30代になり

私も中堅どころになっていました。

20代の頃に出会い

クラスや授業を見せていただいた先生方とは

自分の授業のビデオを郵送したり

教材研究して、発問をメールで送ったりするなどして

ずっと、交流を続けていました。

いただいた感想やアドバイスは、

まさに、金以上の価値。

それを元に、

また学級経営や授業をブラッシュアップして

充実した学びをさせていただいていました。

が。

どうしても。

頭をよぎるのは

どうやったら、あんな風に

あの先生方のように

どの子も

本当に 

どの子も

生き生きとした姿で

授業中に、活躍させられるのか。

と、いうこと。

もちろん専門職としての「技能」を

磨くのは大前提として

その先生方が言われていた

「意識」の使い方ってだけで

こんなにも違うものなのか。

それも含む、教師としての

「力量の差」

と言ってしまえば 

それまでなんだけど。

一気に、あんなクラスはできないとしても

時間をかけたとしても

私に

果たして

たどり着くことができる領域なのか、、。

そんな果てしない道に

気が遠くなりながらも

日々の実践の中での

子どもの変化や成長が感じられるのは

楽しく

やりがいもありました。

そんな、ある日。

2年生の

国語の授業中です。

ある物語を読んで

それについての自分の考えを

子どもたちが、発表している時。

突然。

本当に突然に。

ある女の子が、つまりながらも

自分の言葉で発表している

まさに、その最中に

「聞きたい。この子が言おうとしていることが。

 どうしても。

 最後まで、聞きたい!」

という気持ちが、私の内側から

ぐわっと、湧き上がってきたのです!

声の大きさも気にならない。

時間なんて関係ない。

ゆっくりでいい。

つたない表現でもいい。

周りの子どもが聞いてなくても構わない。

そんなのに注意を向けるのも もったいない。

それより大事なのは

勇気を出して発言しようとしてくれている

この子。

あなたは、何を伝えようとしてくれているのか。

何を思って

何を感じたのか

「聞きたい。どうしても!」

こんな気持ちになったのは、初めてでした。

今までは

時間を気にしたり

正解を気にしたり

どれだけの子どもが発表したか

バランスを気にしたり

研究授業や参観日なら

どれだけたくさんの子どもが

手を上げたか 

などを気にしていたのに

この瞬間

そんなの どうでもよかった!

もしかして

出会った素晴らしい先生方が

「全てこちら(教師側)の意識にかかっている」

と言われていたのは

こういうこと!?

そう

「自分がどれだけ 

 心の底から聞きたいと思っているか。」

それだけだったんだーーー!!

自分が、聞きたいと思ってもいないのに

「うちのクラス 大人しくって全然手が上がらないのよー。」

「声が小さくって。」

「周りの子が全然聞かないのよねー。」

「どんな発問したら 子どもが云うようになるんだろ。」

「あのクラスは もともと、育っていたから。」

ぐちぐち言ってた(-。-;

きゃー💦

そりゃ、本気で聞こうとしていない先生に

子どもも、言いたくないわなー

研究授業や参観日に

一時的に、活気付いたように見えたところで

ただのパフォーマンスだわ( ;´Д`)

「どうやったら、子どもが発言するようになるでしょうか?」

その、10年前の自分の問いに答えるとしたら

「あなた(先生)は、どれだけ聞きたいと思っていますか?」

言わせようとするんじゃない。

こっちが 心底 聞きたいと思っているから

無防備に さらしてくれる。

聞きたいとも思っていないのに

言わせようとするのは

ただのエゴ、、、

この気づきは、私にとって

本当に大きな

『外側から内側への視点の転換』

根っこから、

何かが変わってしまう感じでした。

今まで10年間 何してたんだろって

ショックも大きかったけど

私だったんだー!

そういうことだったんだ!ーって

とっても嬉しくて😆

さっそく

いつもやり取りしている先生に

メールで送ったところ

返信がまた衝撃的でした。

「おめでとう。これがスタートです。」

アバターって何ですか?

約1時間の無料のインフォメーション

毎日 開催しています

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで


219回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。