涙と笑いの金婚式!① 〜お父ちゃんの想い〜



父親が珍しく

私に愚痴ってきた。

「ちょっとワシの話、聞いてくれよー。」😔


まさに、そんな感じで。


何があったかと言うと。

父が、母を喜ばせよう!と思って



新聞社主催の



【金婚夫婦のお祝いの集い】に申し込んだ。

ここまでは、オッケー。



それをワクワクして、母に伝えると


なんと 


喜ぶどころか 

「面倒くさいから行きたくない」


と言ったらしい。




ヒエーーーーーーー😱

つ、冷たっ



塩対応、、、



いや ブリザードや〜〜〜⛄️⛄️⛄️⛄️⛄️⛄️⛄️



シベリアも、ここまで寒くないで。



知らんけど。❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️



お母ちゃん、それはないわー。


まあ、素直に

ありがとう、が言えないにしてもさー。

おめでたい事なんだから



そんなにツンデレなくてもっ!!

大事にしてくれてるじゃーん💕



どちらかというと、私はいつも



母親の愚痴ばかり聞いていて


今回、父親の愚痴



というか、想いが聞けて


2人は何を変えなくても

ありのままで完璧で

十分幸せで素敵なんだ


この瞬間、心からそう思えました✨❤️





後日。




じゃあ、その式典の日のランチは



弟一家も揃って



みんなでお祝いの食事会でもしようかと、企画した🍴

両親に、そのことを伝えたら

何か、父がモジモジ?そわそわしてる。

???

すると、父が

さらなるサプライズを投入!

「いや、その日はちょっと 式の後、2人で旅行でも行こうかなーって💕

な、何やてーー!!

そんな計画があったなら

もうそりゃ



そっちを優先させてくださいっっ

食事なんて、いつでも行けるし!

行って!!行ってきて!!!

皆のもの、撤収————ーーーーー

ここで。

また母が

「私、そんなん聞いてないし  勝手に決めて、、  別にそんなんことしてくれんでええし。」


えーーーーーっ

ツンデレどころか



ツンドラ並みの寒い返し⛄️⛄️⛄️⛄️⛄️ 



寒い 寒いよう❄️❄️❄️❄️❄️❄️



父も、しょんぼり、、😔




そりゃ、そうよな


さすがに、可哀想になってきて


「まあ、そう言わんと。  お互い、元気で生きてるってことだけでも  すごいことじゃない。  みっちゃん(弟)も、50年ってすごいなって言っとったよ。  行ってきたら。」

と、珍しく、父寄りの発言が



私の口から出てきた。

そしたら、私から見て母の後ろに立っていた父が

急に顔を上げてパアアッと輝かせ✨


めっちゃ、身振り手振りで私に向かって

「もっと!  もっと言ってくれ!  頼むーー!」🙇🙏

みたいな、ジェスチャーをとってきた。


え。何か、おかしい。


何で私

初デートのお誘いを 成功させる為に応援している友達、

みたいな、立ち位置になってんだろ〜!?

しかし、父の頼みなので



ここは 全力で応援。📣📣📣

急遽、脳内で



自分を友人設定に置き換え



父を援護。

「ちょっと、陽子(母)〜

 亨(父)が、こんなに考えてくれてるんだからさ〜

 あんたも、いい加減に折れなよ〜。」


そんなこんなで



式&旅は一ヶ月後!



ちなみに旅行は海が見えるところを

考えてるらしいですよ⛵️


さて。




父のサプライズ金婚式の裏側では

母は、こんな想いをしていました。



→ 涙と笑いの金婚式②〜お母ちゃんの想い〜



アバターって何ですか?

体験ワーク毎日開催しています

お申し込みはこちらまで


6回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。