涙と笑いの金婚式!③〜番外編 ツンデレラの本当の姿は〜

車で25分くらい



離れたところに住んでいる



小学校4年と1年の甥っ子ちゃん達。

普段、なかなか会えないので



下の甥っ子ちゃんが、



小学校に入って夏休みになったら


「お泊り」に来て欲しいな〜というのが



母(あの子達にしたらおばあちゃん)の希望でした✨


母は今年度に入り



ことあるごとに

「もう、一年生よな〜

 お泊り〜 お泊り〜

 泊まりに来たら、あれを食べさせてやりたい

 これを食べさせてやりたい」


うわ言のように言っている。

そして!


とうとう!


弟から

「今年のお盆は泊まる。」

というLINEが私に来た!


これは、さぞかし嬉しいだろうと思って

母に

「今年のお盆は泊まるってー。」

と伝えると

「あ、そう。」 プイッ

というあまりにも素っ気無い態度。

え!?

あんなに待ち望んでいたのに?

なんでそんなに

「私、興味ありませんから。」

みたいな感じになるのか。

でも この感じ どこかで、、、

デジャヴ、、、

あ!

あの 父が「金婚式を申し込んだ時」と同じだ!

ということは

もしかして

母は  

あまりにも嬉しいことがあった時は

どうしていいか分からずに

自動的に こんな ぶっきらぼうな 

ブリザードな態度をとってしまう


のかもしれない!!

そうだ、そうかも!

そして



私は幼い頃からの



母の態度の数々を思い出した。


喜びとか、



楽しいとか、



嬉しいとかいう



感情を持て余してる感じ、、


素直に表現できずに



褒められたら、即座に否定して



価値を落とす。


あー



いろいろと、腑に落ちるわー。


ん?



ちょっと待って。

そんな母が


私が、思わず



引くくらい



喜びを爆発させてた場面があった!

アバター誕生の時💕💕💕

昨年 



再受講した時の写真なんだけど

私、隣で、びっくりしたんですよ。

「みなさん、お世話になりましたー。」

って、頭を下げるくらいかなと思ったら。

いきなり

「やったーーーーーーー!!!」

って喜び爆発の舞ですわ。

私は隣で大爆笑。

こんな風に、ストレートに



喜びを表現する母を初めて見た!


で、思ったんです。

もしかしたら

家では、ツンデレラな態度で



父との摩擦も多かったりするけれども

嬉しかったことや



喜びを



まっすぐに、表現している

こっちの方が



母の本当の姿


なのかもなーって。



普段は、いろんな制限や



アイデンティティを



まとってしまっているだけなのね。

そんな頑なな、鎧も溶かして



本来の自分=アバター



になれるって、やっぱりアバターコースはすごい‼️


アバターって何ですか?

体験ワーク毎日開催しています

お申し込みはこちらまで


6回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。