人生における抵抗からの解放


もうすぐ 私の大好きな プロコース✨

プロコースのパンフレットに書いてある

【期待できる成果】のうちの1つに

『人生における抵抗からの解放』

というのがある。

2007年 最初のプロコースで

自分でも気がつかないうちに

自分の人生を

がんじがらめにしていた信念の鎖を

解き放った時のこと。

プロコース最終日

7日間で

いろんな抵抗を

たくさん扱って

他のワークでも

十分過ぎるほど満足して

ウィザードコースに行くことも決めて

ディズニーのパレードと花火も見て

私は もう 思い残すこと一切無し!

というくらいの状態でした。

もう何時間したら帰国〜

という最後の夜🌃

私の大学時代からの

親友でもあるマスターと

この7日間の経験を

部屋であれこれシェアしていた時のこと。

何気なく発した私の一言から 

※何だったかは忘れてしまった!

親友が

「それは、本当に抵抗していることじゃないんじゃないの?

と鋭く 突っ込んできた。

え。

固まる私。

それは 兄の死

そして身近な人の死に関すること。

私の兄は21歳の時に病気で亡くなった。

あと 仲の良かった従兄弟や親戚も

10代や20代で亡くなっている人がいる。

祖父母も 若くして亡くなっていて

生きている時に 私は会った覚えがない。

見たことがあるのは母方の母に抱かれた

私が宮参りの時の写真だけ。

そこから

いつの間にか

「うちの家系は早死になんだ」

と勝手に思い込むようになっていた。

それも、それが辛いとか嫌だとか

そういう感情は一切なくて

「そういうものだ」

として ただ それを 

淡々と 採用したって感じ。

「一生懸命頑張る」

「一度 始めたら妥協しない」

という一見 長所に思われる

私の性格も

実は 心の底で

「だってどうせ長生きしないからねー」

というのが いつも無意識によぎっていた。

頑張る=長生きしないから

ってセットになってた。

それって!

「意図的に生きる」どころか、、

めちゃくちゃ

「抵抗」から

人生創ってるやーーーーーーーーん Σ(゚д゚lll)

「生きる」ことそのものが

「死ぬ」ことへの抵抗からになってただなんて。

あまりの衝撃に

最初は親友が、何を言ってるか分からなかったけど。