2013 スケートアメリカ観戦記② 初観戦は 驚きと感動がいっぱい!


初スケート観戦は

驚きと感動がいっぱい〜。

私は2日目の午後から観戦しました。

会場はデトロイト

デトロイトは治安が悪い

と言われているので

ホテルは会場からモノレールで

繋がっているところに確保しました。

モノレールに乗ってしまえば

会場リンクまで5分で着きます。

会場に入ると

リンク きたー!!

すごいよね。

この1面 

平らで特殊な氷の世界。

真っ白い光景に

ワクワクも最高潮でっせ!

スケートアメリカは

全部で3日間の日程。

私が行ったのは

2日目午後から。

スケートアメリカ会場には

日本から来られている応援の方たちも

たくさんいました!

だって 2013年 

スケートアメリカの日本メンバー

髙橋大輔

町田樹

小塚崇彦

浅田真央

ですよ。

なにこれ

パリオペラ座で言うところの

エトワールかなって💫💫💫

それに匹敵すると思うんですよ💫💫💫

  ※この大会には出てないけれども

日本は、これに羽生君いますからね。

   無良君 この時はまだ織田君も現役

さて。

私は 観戦に行くことを決めたけれども

ずっと1人なのも 心細いので

日本で紹介してもらった方達と

デトロイト現地で

合流することにしていました。

みなさん流石に 試合観戦に

慣れていらっしゃる!

そりゃそうか。

私は プロコース帰りだけれども

この方達は

「わざわざアメリカまで観に来た」

方達なのです。

カバンの中には

日本の国旗だけでなく

アメリカの国旗も準備している!

そして

試合前に 

国歌が流れた時には 起立して 

アメリカ国旗を出して振るのです〜🇺🇸

開催国への感謝と応援が

流れている感じがして 感動〜

大切なことだなあ。

後で 観戦に来られた方に話を聞いてみると

家には他にも色んな国の国旗があるのよ!って。

選手達を応援するうちに 

そうなったんですって。

困るのは

アメリカとかロシアとかは安いけれども

カザフスタンとか(デニス・テン!)

少しマイナーな国の国旗は値段が高いと。

※ そうなんだ!知らなかった!

しかも、カザフスタンの国旗を買ってからというもの

amazonがそれを記憶してて

【あなたにオススメの商品があります】

と、やたらとマイナーな国の国旗をすすめてくる。

と。

国旗集めが趣味なんじゃないのに。

と言っておりました。笑

  ※このすぐ後

   この方達が 持っているのは

   国旗どころじゃ無かったことが発覚するのであった。

日本の試合のチケットが

どうなっているか分かりませんが

スケートアメリカは3日間の日程通して

同じ席を1つ買います。

値段は いくらぐらいか忘れてしまったのだけど

3日間通して 

この値段なら安いでしょー

と 思う値段。

※ 後で 全日本のチケットの値段知って

    心底 驚いた!

それにしても

3日間で全行程をするっていうのも

なかなかの詰めつめスケジュール。

1日目 男子ショート 

    アイスダンス ショート

2日目 男子フリー

    女子ショート

    ペアショート

    アイスダンス フリー

3日目 女子フリー

    ペアフリー 

    エキシビジョン

しかーし

この日程のおかげで

私は1日半で 

男子フリーからエキシビジョンまで

全て観戦することができました。

スケアメLOVE💕💕💕

表彰式が終わる頃には

夜10時くらいになってましたかね。

選手は大変だ〜

さあ。

真央ちゃんがリンクに登場です💫

綺麗!

ほんっまにキレイ。

頭小さくて 手足長くて

欧米の選手が

ゴツく見えてしまうぐらい華奢で繊細。

内側から何か 

発光してるんじゃないかと思うくらい

透明感があって 輝いている✨✨✨

そして

身体を縁どる輪郭が明確。

とでも表現したらいいのか。

他から

浮かび上がって見えますよ。

何 この人 天女なの?

真央ちゃんの

演技直前の6分間練習。

その繊細で美しい外見とは裏腹に

誰にも

何にも目をくれず

黙々と静かに練習をする姿は

サムライや修行僧のようであり

近寄り難い雰囲気さえありました。

ああ

この人は 外側の誰とも戦ってない。

自分と戦っているんだな。

数分の間に

トリプルアクセルと3−3コンボを

たただひたすら

何度も 何度も 跳び続ける。

完璧に見えるのに

何度も 何度も。

正直

今回参加した 

日本男子メンバーの誰よりも

おとこぎ

「漢気」を感じたよ、、。

試合では転んでしまったけれども

私には 練習の方の 

完璧なジャンプの方が 

印象に残ってるよ!

生で観戦してみて

感じたのは

この直前の6分間練習や

公式練習って

選手の調子がものすごく

よく分かるところなんですね。

すっごく単純なんだけど

調子がいい選手は

顔を上げている ⬆️😊

調子良くない選手は 

終始 うつむき加減 ⬇️😞

大事だなーと思ったのは

練習から 

顔を上げて演技していると

観客と繋がれるんですよね💕

そして 観客を味方につけたまま 

本番に入ることができる 😊😊😊

そうすると

会場と一体となって演技が盛り上がる!👏👏👏

ジェイソンブラウンとか

この辺りが すごく上手いなーと思いました。

観る人たちを ご機嫌にしてくれる。

そしたら、知らずに応援したくなる。

逆に

終始 うつむき加減で

練習もサッと引き上げたりすると

だ、大丈夫かな?って

心配が入っちゃう 😥

深刻さが伝播して

さらに 深刻な状況を創り出してしまう。

この時の大輔さんは

あまり調子が上がらない時でして

みんなで

心配を送らないようにしよう!

って言ってました。

そうそう。

大輔さんの演技が始まる前にですね。

観戦に来られている方達と

ちょっとだけ時間をとって 集まったのです。

せっかくなので

みなさん 記念撮影をしましょう。

ということになりました。

一人の方が

「さ。みんな 出して。」

というので

何のことかと思ったら

みんなのカバンの中から

タオルやらバナーが出てくる。

※ バナーって試合会場でよく出ている応援の垂れ幕みたいなやつ

そして そのどれも 髙橋大輔直筆サイン入り!

ひょーーーー。

恐るおそる 私は言った。

「あのー、私、持ってません、、。」

「、、、持ってない?」

「はい。」

「ホテルに忘れてきたの?」

「、、え?」

ここでは

持ってない。ってことは

今、手元に持ってない。

ってことで

本当にどこにも持ってない。

所有していないってことは

ありえないんだ!

やべー。

何か、私 レベル違うところに来ちゃった!?

そして 呆れられつつも

みなさん 優しいので

端っこの方を持たせてもらって記念撮影が

何とか 無事終了。

そのあとの種目は

アメリカで大人気のアイスダンス💃💃💃

メリル&チャーリー

そして シブタニズの登場!

いつのまにか

観客もめっちゃ増えてるやん!

さっきまでガラガラやったのに。

アメリカ人 分かりやすいな〜🇺🇸

※ いや ロシアもか、、

   ソチの時 プルシェンコが棄権したら

    とっとと帰ってたよね

大盛り上がりのアメリカ観客と共に

メリル姐さんのどんなスピードでも

崩れない美しいポジションと

シブタニズの

ため息の出るようなツイズルを堪能して

私の スケート初観戦の1日目も終了!

その夜

紹介していただいた皆さんで

ご飯を食べようということになり🍴

わーい♡と喜んだ私。

そこで また新たな世界を経験したのです。

スケートアメリカ観戦記③「スケートアメリカの夜は更けて」 に続く





153回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。