2013 スケートアメリカ観戦記③ スケートアメリカの夜は更けて


スケートアメリカ観戦記 ① プロローグ

スケートアメリカ観戦記 ② 初観戦は 驚きと感動がいっぱい!

1日目のスケジュールを無事に終え

日本で知人を通して紹介していただいた

髙橋大輔さんファンの皆さんとの 交流会

いわゆる 『オフ会』 というものの 初体験です。

まずは自己紹介をすることに。

そこで私は

髙橋大輔さんと同じ岡山出身であること

彼のスケートがとても好きだということ

仕事でアメリカに来ていて 

その帰りに観戦に来たこと

などを手短かに話した。

そして その自己紹介の最後に

特に 何も思わずに

「オリンピックシーズンだし 

 これが最初で最後の試合観戦かな

 と思いきって来たんです〜。」

と言ったんですよ。

その時!

SO・NO ・TO ・KI !!!

「あなた!最後ってどういうこと!?」

「まだシーズンは始まったばかりなんですよ!」

「これは最初の試合でしょーー!!」

と 鋭いツッコミが次々と入る。

ぴゃっ!?

す、すみません すみません 

あれ。

なんか おかしなこと言ったかな 😳

そうか 私にとっては 

最初で最後のつもりでも

オリンピックシーズンは始まったばかりだった。

そりゃそうだ。

大事な1年の

これはスタートの試合なんだ。

自分基準で 

ものを言っちゃいかんいかん。

最初でやらかしてしまった私は

 ※

いや 昨日の「バナーを出して」

の時点で既にやらかしていたんだけど

心を引き締め

ドキドキしつつ

それを悟られないように平静を装う。

会は進んで行く。

会話は 当然

髙橋大輔さんの今日の演技について。

調子がなかなか上がらないようで

ファンとしては 

いろいろな複雑な思いもあるけれども

みなさん 本当に

応援し続けて来られただけあって

頼もしい限り。

「私は どんなに調子が悪い試合でも

 見に行って後悔した試合はないの。

 テレビで見るより 現地観戦の方が

 ずっといい。」

と言い切る姿に

ジーン。😢

なるほどな〜。

確かに

今日 トリプルアクセルで激しく転倒した

真央ちゃんや

ジャンプがなかなか決まらず

演技に精彩を欠いて苦しそうな大輔さんの姿を

目の前で観て

その時は

ああっ!と思うけれども

テレビ観戦の時のような 

ショックや引きずる感は不思議と無い。

「その場にいて 共に経験している」

っていうことが 

思いを昇華してくれるのかな。

これは 

生観戦してみないと分からないことだったなー。

来て良かったなー。

と。

ここで 私が また

黙っておけばいいものを

何か言いたくなって

「そうですよね〜。

 本当 髙橋大輔さんって

 日本の宝ですよね✨✨」

って 

いいこと言ったつもり だったのに!

いいこと言ったつもり だったけど!!

「あなた!

 日本の宝じゃないでしょ!!

 世界の宝でしょ〜〜〜!!」

※ 机をバンバン叩きながら

きゃー😲

す、すんません すんません

そうです 世界の宝です。

日本にとどまらないですよね。

おっしゃる通りです。

その後 さらに

過去の演技内容にも話は及ぶ。

私も 好きな演目は

youtube で何度も繰り返し見るし

この演目は

グランプリファイナルの方が好きだなー

とか

世界選手権の時の方がジャンプは決まってたけど

ステップは あの大会の方が迫力あったなー

とか

2010年 ニースの世界選手権と

2012年 全日本選手権

この2つの大会について

思うこと アレコレ!

ぐらいのことは言えるのですが。

そこから さらに

この方々は

歴代

全ての演目の中で

○○年 あの大会のあのフィリップは絶品だった

ループは この試合etc

え。

全ての大会の

全てのジャンプとステップ

その他 諸々

頭に入っていらっしゃるんでしょうかー!

そして それが頭の中で

きちんとカテゴリー分けされていて

瞬時に取り出せるようになっている。

誰もそれについて

それ いつの?

ちょっと覚えてない。

とか言わないよ。

あー。あれはね、、。

私もそう思う。

どんどん 話は膨らんでいく。

私は だんだん

なんか こういう場面 

漫画で読んだことがあるなー

って感じがしてきた。

ほら。

あるじゃないですか。

神々とか妖の集会かなんかに

人間がうっかり混じって

「おや。人間の匂いがするぞ。」

「ここに何か 異世界のものが混じっているぞ。」

「どこだ、どこにいる。」

って 正体がばれそうになるやつ。

この時の私は まさにそんな心境。

さらに 話は今後の具体的な行動になっていき

「ファイナルのチケットとった?」

「勝負は全日本」

「ソチのホテルがなかなか取れなくて」

「世界選手権は日本。最後だから絶対行く」

などなど この試合だけじゃなくて

シーズン全体を見通した

計画を立てていらっしゃる。

「まだホテルとってないんなら

 一緒の部屋にならない?」

とありがたく誘われるも

すみません 私 これが最初で最後のつもりで、、

とは 二度と言えず

仕事のスケジュールが合わなくて

なかなか休みが、、

とか間抜けなことを言ってしまう。

しかし、そんなものはこの場に本当にそぐわない。

なぜなら

みなさん このために

仕事のスケジュールを詰めにつめ

休日出勤をし 前倒し 創り出した

3日間のお休み!!

を使って 来られているのだ。

いやもう本当に素晴らしいです!

好きなもの

応援したい人に注ぐ

この熱いエネルギー!

全力感!

そんな熱い人たちの

熱い想いに囲まれて

人生初の スケート初観戦の夜は 

更けていくのであった、、、🌉

「スケート観戦記 ④ 敬意と感謝と祝福を」 に続く




106回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。