私のことを「あきらめの早い顔をしているねえ。」と、言った仙人先生の話。


20代半ばから

後半にかけて


私は、有志の教師サークルに入り

日々、授業や学級経営を

仲間と研究していました。


その中で、出会った




ある先生。


その方は、

もう退職されていて

70代半ば。


なのに、全国から

たくさんの先生や保護者が




その先生のところに

遠方から家まで来て




夜を徹して質問したり、

学ばれたりしていました。


その先生は、

訪問された先生方の顔を見ると


「あなたがどんな授業をするか、

 だいたい分かるよ。」


とか


クラスの写真を見せたら


「この子と、

 この子に気をつけてあげて。」


とか


「○月○日に、あなたのクラスは、

 荒れの兆候が出るよ。」


とか


いろいろ、言われるのです。


不思議な力があるとか、

そういうのではない。


私が思うに、おそらく


若い頃から、


教育について

授業について

子どもについて


一切、妥協することなく

全身全霊をかけて


めちゃめちゃ、鍛錬した結果


そういうことが、

分かるようになった、というか

感じられるようになった、というか




そういうことなのではないか

と、思うのです。


佇まいからして


只者ではない、先生です。


素晴らしい先生とか

すごい人、とか




そういうの、

ちょっと超えちゃって


人間離れしちゃっている、んです。


実際、




「仙人」




と、呼ばれてました。


授業が成り立たない

荒れたクラスに

飛び込みで入る。


頼まれてそうするのは、

わりと、聞く話。


ですが、この方は、自ら

そのクラスに飛び込んで行く。


さらに、自分の力を

最大限にストレッチするために

自分に負荷をかけるのです。


聞いた誰もが




「正気か!?」




と思う状況を自分で創るのです。


例を1つあげると


例えば、その仙人先生は、退職して

10年以上経っているにも関わらず




研究&公開授業を

よく頼まれていました。