子どもを1人助けた時に、医者になった「元を取った」と思ったんです。〜吉岡先生の講演会より〜


子どもを1人助けた時に、

医者になった「元を取った」

と思ったんです。

これは、

途上国で無償の医療活動を続ける

吉岡秀人医師が、

先日の講演会で、言われたこと。

そして、1番印象に残ったこと。

ええっ!!ですよ。

え、エエーーーーー!?ですよ。

私の人生の中で「元を取る」を

そういう風に思ったこと

なかった!

私が「元を取った」

という表現を使うときは

モノであれ、経験であれ

払った金銭以上のものが、

得られた。

と、感じた時。

早い話、自分が


得した!いえーい✌️



と、思った時ですな。

そして、自分が

「元を取らなきゃ〜!」

って、なってる時って

何が目的で

どうしたかったか


は、どこかに行っちゃって

ただただ、損したくない。

自分だけ損するのは、嫌。

という感情に支配されて

必死になって

がめつくなっちゃってる時。

ですよ。

子どもを1人助けた時に、

医者になった「元を取った」

と思ったんです。

なんということでしょう。

自分がどれだけ得したか。

ではなく。



自分がどれだけ与えられたか。

ってことですか、吉岡先生!!

その時、私の頭の中に

浮かんできたことを

そのまま書くと


ああ、じゃあ、私、

母をアバターにした時に

元は取ってる。



と、いうことでした。

一切の理屈なしに

ああ、そういうことなんだ。

と、ストンと降りてきたのです。

それ以上、何の説明もできない。

ただ、そういうことか、と。

そして「元を取った」

からと言って

そこが終わりじゃないってこと。

今までの私の

「元を取る」考え方なら

「元を取る」までは終われない。

やめられない。

やめるわけにはいかない。

って感じ。

だから「元を取ったら」

やめる。