子どもの瞳が輝けば、地球も輝く✨


高杉子どもクリニック 高杉 尚志院長の


「答えのない教育、

今だからこそ大事なこと」


講演会に行ってきました。


も〜、超感動でした!


高杉先生が

講演の中で言われていた 目指す医療


「よくなろうとする力を

引き出すこと」 「子どもが幸せになること」


は、教育が目指すところ

でもあるなあ、と思いました。


その子自身が、幸せ、 と感じる人生を

創り出すための教育


であって欲しいし


その力を学び、 身につけていくところが 学校、なのではないかな、

と思います。


そして、先生自身も

happyであることが大事💕

カレーのお話は泣けて、

考えさせられました。 (詳しい内容はここでは書きませんが)


もし、私がその立場だったら

どうしただろう?

何が、できただろう?


私は、すぐに

自分の基準点が

「正しいか、間違っているか」

に、なってしまう。


大きな組織の中にいた時は 特に、それが強かった。


「何が幸せか」 「何を自分は幸せと感じているか」


を大切にして、 決断し、実行していくのは


意志の力と 勇気が必要なこと。

でも、その先にあるのは


きっと、行動した人にしか 分からない世界なんだろうな、




と思いました。


その世界、経験したい。

せっかく生まれてきたのだから

ルールや教化を超えた

自分が大切にしているもののために

命を使いたい。


それが




自分と

自分の人生を大切にすること、




なんだと思う。

高杉医師は 7人のお子様のお父様

でもいらっしゃいます。


7人目の赤ちゃんが

生まれた時のことを お話して下さったのですが


兄姉たちみんなが 生まれてきた赤ちゃんを

取り囲んで「祝福」するシーンは、




聞くだけで、そのシーンが

目に浮かんできて、もう、


この世の中に、これ以上

美しいことがあるだろうか✨


っていうくらい感動しました。

そう、「祝福」なんですよね。


この世界へ、

登場してきた命に対して


「ようこそ、この世界へ!」


って、心配も不安もない、 喜び100パーセントで 迎えられる世界を

創ってあげたいな、


と、改めて思います。

子どもの瞳が輝けば、

地球も輝く



高杉こどもクリニック http://takasugi-kodomo.com/


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

62回の閲覧

Category