研究主任の先生のある一言で、目の前がぱあああああああああって開けた!✨✨✨


今日 

地元の山陽新聞に

中学校の先生のほぼ半数が

過労死ラインの残業時間

(山陽新聞 電子版)

という記事が載っていた。

ううむ、、。

「働き方改革」と言われてから

現場の大変さが

注目されるようになったのは

いい面もあるけれども

あんまりにも

多忙さ、ブラックさばかりが

取り沙汰されるのも、胸が痛む。

というのも

以前参加した会で

採用試験に晴れて合格し

春から教職に就く、

という 学生さんが




くらーい顔をしているので

話を聞いてみたところ

「なんか、現場の話を

 聞けば聞くほど

 憂鬱になってくるんです。

 すっごく大変そうで

 なんで受かっちゃったんだろう。

 とさえ、思っちゃう自分がいて

 せっかく採用試験に合格したのに

 そんなこと思っちゃダメだ。

 と言い聞かせるんですけど

 でも、落ち込むんです、、。」

と、言っていた。😞

わー

そりゃいかん!!

ワクワクどころか

やる前から 

絶望してるやん!

就職前で

少しはナーバスになったり

心配になったりすることも

あるだろうけれども

いろんな情報が

不安を煽ってしまっているのなら

それは、酷だなあ、、、。

自分を振り返ってみると

私は、1回目の採用試験は受からず

約1年間、講師をしました。

大学新卒で

初めて赴任した小学校。

そこで

鮮明に覚えているのは

研究主任の先生が

「夢やロマンを語る

 教師集団でありたい」

と、職員全員の前で

まっすぐ、堂々と

言われたこと。

何っっっっって、

素敵なんだろう!!




って思ったし


目の前が

ぱあああああああああって

開けた感じがしました✨✨✨

それを聞いた時に

「来年は、絶対受かろう!

 講師じゃなくて

 ちゃんと、採用されて

 この人たちの仲間になろう!」

って強く 

強ーーーーーーーーく

思いました。

夢や希望がある人の発信は

人をインスパイアし

不可能を可能するチカラがある!


私が次の年に

合格できたのは

最初に

あの学校で


未来に希望を見ている

先生たちに

出会ったから




と言えます。


なので。

せっかく合格したのに

働く前から

夢やロマンどころか

希望まで失っている

その学生さんの気持ちを思うと

胸が痛くなったのです。

いろんな

働き方改革の記事を読んでいると

対策として

・ 早く帰るように職場で