少女に何が起こったか。


20代 駆け出し教師の頃に

出会った先生方が

必ず言われていた

「意識」の話→ 

私が「意識」というものを「いしき」したのは

上記から10年後に

ほんのすこーーーし 

その片鱗に触れられたように

感じた時のこと→

あなたの話が聞きたい。どうしても。


この2つは私の側に

起きたことですが


今回は 

子どもの意識の変化が

一気に波及して

驚いた時のことです。

1年生を

担任している時。



こんな子がいました。



表情が乏しい。

授業中に、自分から手をあげて

発表することも無く

「はい。」という返事も 

か細くて聞こえにくい。



プールでは

顔をつけようとすると

恐怖からか 

体が、ブルブル震える。


その一方で


ノートには

自分の思いも綴れるし

当番の仕事は、丁寧で

お友達が嫌がるようなことは

絶対しない。


たまーに、リラックスして

表情が緩む時の

にっこり笑った顔が

とってもキュート💕


確かに、性質は

消極的かもしれないけれども


この子には、

この子のペースがあり

無理やり何か、意に沿わぬ形で

みんなの前で

やらせるようなことをする必要は

全くない。


と、思っていました。


が、この子のお母さんが


どうも、参観日などで

我が子の様子をみると

イライラするみたいで


「お姉ちゃんは 

 こんなのじゃなかった。

 もっと、大きな声で

 表現して欲しい。


 もっと、前に出て欲しい。

 手をあげて 

 発表できるようになって欲しい。

 先生、そこんとこよろしく!」


ってことを

はっきり言う。


子どもの前でも、言う。


そして、この子は

母親のそんな態度を

敏感に感じて

ますます身体は、強張り

気持ちは萎縮していく、、、。


そんな、ある日のこと。


私は、国語の「音読」の授業が好きで

いろいろ学びながら、

授業の中で、工夫し実践していた。


「おおきなかぶ」の授業の時。


「あまい あまい」



という



めっちゃ短いセリフを選んで

それを席に座ったままの状態で

一人ずつ、順番に

音読することにした。


セリフが短いので負担も少なく

座ったままなので

緊張感も緩和できるかなー

という思いは、当たって



どの子も、リラックスして

面白がって そのセリフを言ってた。


その子の番が、きた。


目が会った時



なぜかその日は

その子の目が



キラリと光ったように感じた


そして

その子は


大きな声で

とってもユニークな表現で

そのセリフを言ったのです!


これには

私もびっくり!


何かが起きた!


そのびっくりの気持ちのまま