少女に何が起こったか。


20代 駆け出し教師の頃に出会った先生方が

必ず言われていた「意識」の話 → 

私が「意識」というものを「いしき」したのは

上記から10年後に

ほんのすこーーーし 

その片鱗に触れられたように感じた時のこと →

あなたの話が聞きたい。どうしても。

この2つは私の側に起きたことですが

今回は 子どもの意識の変化が

一気に波及した

驚きのエピソードです。

1年生を担任している時。

こんな子がいました。

表情が乏しい。

授業中に 自分から手をあげて発表することも無く

「はい。」という返事も か細くて聞こえにくい。

プールでは顔をつけようとすると

恐怖からか 体が ブルブル震える。

その一方で

ノートには自分の思いも綴れるし

当番の仕事は丁寧で

お友達が嫌がるようなことは絶対しない。

たまーに リラックスして

表情が緩む時の

にっこり笑った

顔が とってもキュート💕

確かに 性質は

消極的かもしれないけれども

この子には この子のペースがあり

無理やり

何かをみんなの前でやらせることを

する必要は全くない。

と思っていました。

が、この子のお母さんが

どうも 参観日などで

我が子の様子をみると

イライラするみたいで

「お姉ちゃんは こんなのじゃなかった。

 もっと 大きな声で表現して欲しい。

 もっと 前に出て欲しい。

 手をあげて 発表できるようになって欲しい。

 先生、そこんとこよろしく!」

ってことをはっきり言う。

子どもの前でも言う。

そして この子は

母親のそんな態度を

敏感に感じて

ますます身体は強張り

気持ちは萎縮していく、、、。

そんなある日のこと。

私は

国語の「音読」の授業が好きで

いろいろ学びながら実践していた。

あれは、、

「おおきなかぶ」の授業の時。

「あまい あまい」

という

めっちゃ短いセリフを選んで

それを席に座ったままの状態で

一人ずつ 順番に音読させていた。

セリフが短いので負担も少なく

座ったままなので

緊張感も緩和できるかなーという思いは

当たって

どの子も リラックスして

面白がって そのセリフを言ってた😃

その子の番がきた。

目が会った時

なぜかその日は

その子の目が

キラリと光ったように感じた

そして

その子は

大きな声で

とってもユニークな表現で

そのセリフを言ったのです!

これには

私もびっくり!

何かが起きた!

そのびっくりの気持ちのまま

夢中で

心から褒めたような気がします。

で。

プールの時間になりました。

その子は 今まで

泳ぐどころか

水に顔をつけるのも怖くて

ブルブル震えていたんですよ。

それが!

いきなり

端から端まで(低学年用プールで10メートルほど?)

泳げるようになってるのです。

しかもただ端から端まで

溺れそうになりながらようやくたどり着いたー

って感じじゃなくて

え。だれ!?

別人?

替え玉?

と 思うような

綺麗で見事な泳ぎっぷり。🏊

スーイスイですよ!(◎_◎;) 

キッカケは国語の音読。

たった一言のセリフが言えた。

自分が表現したいようにできた。

だったら 次の音読で

もっと表現するようになるなら話は分かる。

でも

なんで

全然関係ない

プールで 

いきなり泳げるようになってるのーー!?

何が起こっているのか 分からない。

説明不可能な状況。

私の 過去の経験にも全く合わない。

ただ1つ分かっているのは

あの音読の直前

目がキラリと光ったこと✨

何かあの子の中で満ちてきていて

少しの勇気を出して

やってみようとしたこと。

それが 確かな自信になったこと。

そのことが

他の方面でも

波及していったんだ。

それもすごい勢いで。

その子の中で

どんな変化が起きているのか

外側からは分からない。

(私には分からなかった)

でも きっと

内側には

いろんな想いや可能性がMAX詰まっていて

ある日 ある時

ほんの些細なキッカケで

外側の世界に溢れ出すんだろう。

そう、

まさに その時の彼女は

意欲が溢れ出す!

といった感じだった。

私にできることは

子どもは

大いなる意志と可能性を秘めている✨

いつでも目覚める!

と信じること。

信じて 学び 実践し続けること。

そして

このことも

さっそく

音読指導を教えていただいている先生に

メールで送ったところ

返信が

またもや 衝撃的でした。

「ようやくここまできましたね。

 ここからが教育が面白くなってくるところですよ。」

マジかー!😲




31回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。