《フォロワーシップ》が自分が考えていた以上にチームの成功の鍵を握っていた!〜宇宙飛行士選抜試験を読んで〜


2021年秋 

JAXAの宇宙飛行士試験が

13年ぶりにある!




自分が受験するわけではないけれど




宇宙兄弟の漫画が

大好きな私には




めちゃくちゃ

ワクワクする話題だ🌠




そこで、さっそく

宇宙飛行士選抜試験の

ドキュメント本を読んだ。


これが、面白かったー! 



油井さん、大西さん、金井さんが 13年前に選ばれた時の試験は、

JAXA側に


世界の宇宙飛行士をまとめて

《船長》になれる

最高の人材を見つける

という明確な意図が、あった。




なので




抜きん出た




《リーダーシップ》と

《フォロワーシップ》を 




発揮できる人材であること




が、絶対条件だったらしい。



《リーダーシップ》は

なんか、分かる。




登校班

クラスの班

部活

委員会、、、




規模は小さいけれど

誰だって、学校で子どもの頃に

何らかのリーダーの経験が、あるはずだ。




だから

みんなをまとめたり

指導したりするのが

リーダーの役目なんだな。




と、ぼんやりながらも

イメージが湧く。




でも《フォロワーシップ》

って、なんだろう?



あまり、聞きなれない言葉。




リーダー以外の人の事を

指すのだろうか?




そんな疑問を持ちながら

読み進めていく中で




自分の中の

《フォロワーシップ》

に対する視点が




ガラッと、変わった。




今まで私は

フォロワーというのは




リーダーを

応援する人、支援する人




くらいに、簡単に考えていた。




それが、この本の中では

全然違った。




宇宙飛行士選抜における

《フォロワー》とは

こう、書かれていた。

チームの向かうべき方向を見据え、 メンバー同士をつなぎ、励まし、 勇気づけることができる人。


リーダーの方針をみんなに浸透させ チームに働きかけ、 一体感を持たせることができる人。




えええええ。




私、これら全部

リーダーのすることだと思ってましたがな!




そして、時には




チームにとって必要なことを リーダーに進言できる人。




そ、そうだったのか、、!!

レベル、高っ!




こうしてみると




いろんなプロジェクトを

成功させるためには




ある1人の、優秀な《リーダー》

の存在だけではダメで




むしろ、周りのフォロワーが

どんな態度でいるか




それが、めちゃくちゃ大事だ。

ということが、よく分かる。




リーダーシップと同じくらい

フォロワーシップの技能も伸ばし

発揮する必要が、あるなあ。




ちなみに、リーダーは




方向性(目標)を指し示し、決断をする人




なるほどなー。




そして、このリーダーとフォロワーが

それぞれの場面で、

入れ替わる柔軟さも大切、と。




柔軟さ、ね!

これは、痛感する。




他にも、興味深かったのは




「あなたは宴会の幹事をしたことがありますか?」




という面接の質問。




新しいことを率先して計画し

人をもてなし、楽しませ、

もちろん、自分も楽しむ。




これらの宴会の幹事に必要な資質も、

宇宙飛行士には不可欠、

なんだそうですよ!





📘 読んだ本


宇宙飛行士選抜試験

大鐘良一 小原健右

光文社新書


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる


51回の閲覧

Category