担任がいない方が子どもが育つ!?先生がいない間に、何が起きたの?音楽編



ウィザードコースに行くために

私は10日間

年休をとりました。


その時の記事はコチラ→ 

「私には夢がある」


今回は、その帰国後の

クラスの変化です。

ここからが、スゴイんです!

担任の私が留守にしている間

○組のみんなが、何事もなく

無事に過ごしてくれてたら、

それでいい。


などと、思っていた私は

ウィザードコースの意識の魔法を

甘くみていました。


帰国後、いろんな状況が

いい意味で予想を遥かに超える

ことになっていたのです。

帰国した翌日。




さっそく学校に行き、

クラスへ。

子ども達の反応は普通。




「あ、先生来たで。」


ドラマのように、

抱きついてきたりしない。笑。

いつもの日常。


私の机の上を見てみると、、

大きな紙が、何枚も重ねてある。


これは、何?


めくってみると、それは

黒板掲示用に

模造紙に書かれた楽譜!



それも 何枚も 何枚も!!


楽譜って、一斉指導の時に

前に貼ったら、子ども達が見えて

分かりやすくて良いのは

重々、承知しているのだけど


書くのが、結構大変で

時間もかかるので

つい、手元の楽譜だけで

授業してしまっていました。


私の留守中 

音楽に入ってくださった教頭先生が

丁寧に指導してくれた様子が

伝わってきます。


本当にありがたい😢


そのことだけでも

胸がいっぱいになっている私は


朝の会が始まり、歌の時間になり

さらに驚愕することに!!

歌になると、子ども達が、

サササーッていきなり前に並ぶ

ん?何が始まるの??

と、思っている間に


身振り手振りをつけて歌い



2部合唱し始める

じゃないですか!?

発声も

完全に歌声になっていて

身体を揺らして

まるで



「天使にラブソングを」

みたいになってるんですよ!


え、ええーーーー??

ちょ、どういうこと。

なんでこんなに 

ノリノリになってんの ∑(゚Д゚)


君ら、そんなんやったっけ?

何コレ、誰この子たち!?

一体何があったの?


声が小さい

あの子も




歌があまり好きそうでなかった

あの子も


自信にあふれて歌ってるうー



きょ、教頭先生!(T ^ T)

プロフェッショナルやー


職員室で主任の先生に 

その話をすると


「いやー、岸本先生ありがとう。」

とお礼を言われることに。


私は2週間も留守にして、

なんでお礼を言われるのか


???で頭がいっぱい。


すると


「岸本先生がいない間、

 教頭先生が、岸本先生のクラスの

 音楽に入ってくれることに

 なってたでしょ。