自分の中にある「傲慢さ」だけが「助けられること」を邪魔している。


もし、

生きるために




学校で、

何を身につけさせておきたいか




と、問われたら

それは、

「助けてください。」

 が言えること

なのではないか、と思う。

《人に、助けを求めることができること》

え?それだけ?

と、思われるかもしれないが。

これが、1番 勇気が必要

なことだ。と、思う。

だって、、、。

言える?



自分がどうにもならなくなった時

自分だけの力では、

どうしようもなくなった時

そういう時は、たいてい

自分がうまく行ってない時で

どちらかというと

人に、知られたくない状況

見られたくないような姿をしている時

自分で自分のことを

《みっともない》とさえ、

思っている時かもしれない

そんな時に

断られるかも

拒否されるかも

ダメ人間って思われるかも

馬鹿にされるかも

と、出てくる

いろんな恐れを超えて

とにかく

「助けてください。」

と、口に出す。

何度でも、なんどでも、言う。


やらないうちから

その言葉を口にしないうちから

自分から、勝手に、

取り下げたりしないのだ。

自分から、

あきらめたりしないのだ。

助けをもらえるまで、言い続ける。

「もし、断られたら?」

と、思うかもしれないが

「その時は、相手を変えて、

 また助けを求める。」

相手は、関係ない、

のだ。

相手の問題ではない、

のだ。

そして、さらに、できるなら

何をどのように

困っていて

だから、

どうして欲しい。

まで、きちんと伝える。

そこを、相手に丸投げしない。

自分は何も言わずに

《察してもらおう》などと

虫のいい考えは、捨てよう。

それは、単なる怠惰だ。

不機嫌な態度をとることで