わたし、いま、魔女なのーー!!


先日、知人から


「子どもが

 何をしようとしているか、

 その子が

 世界をどのように理解し、

 体験しようとしているか」




を見ようとする。


という話を聞いて、

思い出した1コマ。


1年生を担任している時、

掃除時間に、ある女の子が

ほうきを足の間に挟んで、

あっちフラフラ

こっちフラフラ、しているのです。


掃除時間なので、

まあ、叱るべき場面なのですが




明らかに、今、

心は、ここにおらず

自分の世界にどっぷり入って、

楽しそうでした。


ハッ!




このフラつき

このテンポ

この目線




脳内で、何かが流れている様子、、


もしや、、


とひらめいたのが、

その前の晩

「魔女の宅急便」が

テレビ放映されていたんですよね。


で、ピンときて




「〇〇ちゃん、空飛んでるのね!

 魔女みたい!」


って声をかけたら、

その子の目が

キラッキラに輝いて


「そう!私、いま、

 魔女なのーーーー!」




って。


もう、その子にとっては、

今日は、ほうきは

掃除道具じゃなくて、

魔法の飛び道具なワケですよ。



いつも真面目に掃除する子も、

今日ばかりは、ほうきを見たら、

足に挟みたくなるし、




頭の中でキキが

街の上を飛ぶ時の音楽が

鳴り響いているワケですよ。


なので、歌ってあげました。

キキが飛ぶ時のBGMを。


もう、ノリノリで

なりきる、なりきる。


で、数分したら

満足して、掃除を始めました。


「子どもが何をしようとしているか

 その子が世界をどのように理解し

 体験しようとしているか」




を見ようとする。


いつもいつも、このようには

いかないかもしれないけれども


その時は、なんだか、

すっごく素敵な時間と体験を

共有できたように感じたのを

思い出しました✨


子どもの見る世界は

いつだって

驚きに満ちている。




私たちが

それに気づくことが

できるかどうかで

私たちの世界も変わる。




おまけ

魔女の宅急便

彼女の頭の中には、明らかに

この音楽が流れていました♪




アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

63回の閲覧

Category