「なんで、アバター®受けようと思ったの?」8年後の答え合わせ

マスターの勉強会で学んだことを 自分の受講生と シェアし合っているんだけど

これが、とっても面白い!


「なんで、アバター®受けようと思ったの?」

「最初の印象は?」

「どこで、前に進むことを決めたの?」



などなど。

まるで、数年経ってから 答え合わせをしているような気持ち!!


私が

「絶対、ここがポイントだったよね!」ドヤア、、

と、思っているところと

相手が

「ここで、決めました!」ニヤリ、、

というのが

同じところもあれば

かけ離れていることもあって

これが、笑えて、泣ける!


今だからこそ、聞ける。

「私が、ああなった時

 真由子さんは、どう思ってたんですか?」

とか。

今だからこそ、言える。

「あの時、私は、こう思って

 こんなことしてたんよ。」

それで、大笑いしたり 驚いたり 感動したり

何より、シェアし合うことで

新しい気づきが生まれて さらに、自分のアバターコースの経験が

かけがえのない 深遠で、大切なものになっていく✨

聞いていて思うのは 本当に1人ひとり違うんだな〜 ということ。

それぞれの出会い方 人生のタイミング 目覚めが進むスピード


100人いれば、100通り!

誰ひとり同じ人がいないように コースの経験も、人それぞれです。



中には、8年前に受講された方もおられますが

当時の経験は、今もみずみずしく思い出され

そして、今回振り返ることで

また新たな気づきが、出てきたそうです。



アバターコースって

それほどまでに、人生に印象を残すんですね✨


また、ある方が言われたのが、 とっても、印象的でした。

「私のアバター®コースの受け方って  私、そのものでした。」

ほほ〜。

経験した内容じゃなくて

受け方が自分そのものとは

どういうことか?


その方が言われるのには 最初、とっても警戒していたそうで。

心の底で、興味はあったし やってみたいと思いながらも

いやいや、どんなもんか よー分からんし ほいほい行ったら、危ないし 慎重に、慎重に、、、

相手を観察し よく調べて 警戒し、、

って、気がつけば 肝心の自分のワークより

そっちばかり気にしてた、と!

それで、必要以上に時間が

かかってしまった。

それが、まさに自分そのものだったと!

なーるほどーなー。

今、この時点で振り返ることで 改めて、そのことに気づき

次からは それを手放すことができそうだと 明るく、笑われていました♪



んー、素晴らしい✨🚀


アバターって何ですか?

体験ワーク毎日開催しています

お申し込みはこちらまで


58回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。