それは本当に、いい経験か?私たちが《いい》と思い込んでいたものの正体。


マスターの勉強会に行き

自分がアバターコースを

受講した時のことを

思い返していたら


自分は、本当に、本当に

《いい》アバターコースを

受講したんだんなあって!

つくづく感じました。


《いい》というのを

常識から考えると、


・何の問題もなく


・マスターの手を煩わせることなく


・スムーズに進み


・全てのワークで、最高でーす!という感想を述べ(笑)


・時間内でバッチリ終わる!


というのを

思い描くかと思うのですが




実際の経験は、

まったくの逆!!


私が、実際どうだったか、

と言うと、、


・初日早々、ワークへの抵抗からか頭痛がして、寝込む


・なので、2部にすぐ入れずに、特別なプログラムをする


・途中の練習で、やりたくなくなり、反抗して、うつぶせたまま、数時間にわたって動かなくなる


・なので、散歩に出るように言われるが、ふてくされて、散歩に出たまま会場に帰らない→ よって、終了する日にちが延びる


・マスターに文句を言う(暴言を吐く)


・朝から来てください、と言われたのに、昼から行く


こう書いていても、

ひどいのですが汗


とにかく、普段の私なら、

絶対やらないようなことを

ぜーーーーーんぶ、コース中に

やっちゃったわけです。


で、フト、気づいたんですよ。


当時、私は小学校教師を

していたのですが




これって、自分が、

クラスの子どもにされたら

一番、嫌なことじゃない????


・教室から飛び出される


・子どもに、反抗される


・全く、思い通りに、活動や勉強が進まない


・自分が出来ないのを教え方のせいにされて、文句言われる


・先生の言うこと、全然聞かない


・子どもが、学校、来なくなる、、、


ヒーーエーーーーー!😱


私は、アバターコース中に

自分が子どもにされたら

1番嫌だ!と抵抗していたことを


自分がやったのね!


しかも、思いっきり!


今、思い出しても

恥ずかしいくらいの、

暴れっぷりです。




そういえば、私のマスターが



「こんなに、思いっきり

 自分を出して、

あんたが、うらやましい、、。」




とかなんとか、

言っていましたわ、、。




私は自分のことで

いっぱいいっぱいなので、

何のことやら

さっぱり分かりませんでしたが。




で、そんな風に

自分の優等生の殻を割って




アバターコースを終了し

学校にもどると

どうなっていたかと言うと、、。

子どもたちを

管理・コントロールしなきゃー!


って、意識のどこかで

ギューーーーーーと

していたところから


解放されていたんです!


自分が

1番抵抗してたことを




自分自身が

アバターコース中に

経験したことで


フリが取れて

自分が!

すっごく!!