責任をとる、ということは、罰ではない。


責任をとる、

ということが、ずっと「罰」と結びついていた。

責任者、出せ

トップが責任をとって辞任

連帯責任

責任とって、罰として正座

責任を取らされる

責任転嫁

責任とらずに、逃げる

責任をなすりつける

ペナルティを課せられる、、、

などなど

今までの人生で

見聞きしたことや

経験したことから

「責任」について

自分の内側に

ロクな印象が無かった😥

アバターマスターになった当初

仕事の中で

ベテランマスターに

「真由子さん、ツール使いましょう!

 責任をとるって、清々しいことです!」☺️✨

と、言われても

いやいや、

清々しいって、、

私が悪いってことになるんでしょう💢

損する!

負ける!

罰を受ける!

みたいな感じが、正直、あった。

スンマセンね、本当に、もう〜💦

さすがに、何年も経ち

その感じは、薄れてきて

「私がやりました!」

と、認めることは、

とても、パワフルなこと。

そして、

相手や状況のせいにして

被害者のままでは、

自分の人生、創り出せない。

ということは、

だんだんと分かってきた。

正確に言うと、、

分かってきた、つもりだった。

まだまだ

しつこく、残っていたものがあったのねー。

今回、新年早々

「責任をとる」ワークをすることがあり、

感じた。

あ、これは

美徳の実践✨✨

なんだ✨✨✨✨✨

時には、痛みを伴いながらも

ことあるごとに、取り組み続けてきた

「責任をとる」

ということ。

これは、

意識の進化と加速を促すものだったのねーーー!!

アバターに出会って、10年。

ようやく腑に落ちてきたようです。

遅っ💦

だから、ずっと、そう言うてるやん!

という、ベテランマスターの声が聞こえてきそうです💦

アバターって何ですか?

約1時間の無料のインフォメーション

毎日 開催しています

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで


140回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。