音楽発表会の日に、私が出した宿題とは。


甥っ子ちゃんの

音楽発表会に行きました。




いや〜、もう、

どの学年も素晴らしくて

感動〜✨😭

涙腺弱くなってる

おばちゃんには、

たまらないですわ〜😭


しかし、、というか

日本では当たり前、

なのかもしれないけれど​


あーんなに素晴らしい演奏を

子どもたちがしていても


終わったあと、だーれも

スタンディングオベーション

しない。




フォーフォー!って言わないし

ピューッ!っていう指笛もない。


もちろん拍手は、しているのだけど

なんというか、もっと、

こう、熱い何かが、、!


思わず「フォ、、」

まで言いかけて

床に敷かれたゴザの上で、

立ちかけたけど、、!


弟に、

「ここ、日本だからね。」

と言われましたが


こんな時ぐらい、子ども達に

浴びるほどの称賛を

送ってもいいんじゃないですかね。


いや、本当に

素晴らしかったんですよ!




演奏終わったあとに

教務の先生?の

終わりの言葉を聞いている、

子ども達も、ニコリともせず

めっちゃ真面目な顔して

立ってるー。




もっと、笑ったり

リラックスしたりして

いいのになー。




うまくいったぜ!みたいに

ドヤ顏しても、いいのになー。



日本人の国民性、かなあ。


例えば、これとか!

極端かもしれないけれど。



アメリカズ・ゴット・タレントの

子どもたちの合唱♪




泣きながら、歌っている子も

いるじゃないですかー😭


演目が終わるやいなやの

会場をあげての大称賛。

喜びをあらわにする子ども達。




素敵✨

で。


発表会で思い出したので

2009年の教師時代に

mixiに書いてた日記を

再アップしまーす。

学習発表会がありました。


もともと 

ミュージカルや

劇が好きなので


教師になっても 

学習発表会は、やっぱり好き!


どこが好きかと言うと、 台本やセリフを考えたり

BGMで盛り上げたりするなど


たーーーくさん 

創意工夫の余地があって 楽しいのです😋 教師になりたての頃は 仕上がりや

出来具合いを気にして


ガンガンに

教え込んでいたところも、

正直あったけど

※ ごめんなちゃーい m(_ _)m


アバターのツールを

学んだこともあって

今年(2009年)は、今までで、一番 

子どもにお任せ~~な感じで 練習から楽しく、できたな~~!

しかも、どのグループも 

自分たちの発表が、

気に入っていた様子。

あっちのグループが良かったなー。

あっちに入れば、良かったなー。



じゃなくて


自分のグループに愛着があり

発表内容に誇りを持っている。


これって、

すごく大事だと思う💗✨ 私が、サポートしたことと言えば


子ども達が、用意して欲しいもの