♪もーいーくつ 寝ーるーとー♪って、子ども目線の時間のとらえ方だったんだー!


子どもの成長って 《時間》という概念を どうとらえているか。

で、感じることができるなあ。 と、思った。

1年生を担任している時 子ども達が

《明日》は分かるけど 《明後日》というのは

分かりにくい、というのを発見した。

「今週の金曜日に、遠足です。」

と言うと、

「それは、あと、何回寝たら来る?」

と聞かれた。

その時

♪もーいーくつねーるーとー おしょうがつー♪

という歌詞が

子ども目線に立って 時間を表したものだったんだー!!

と、衝撃を受けた。

上の甥っ子ちゃんが3歳の時。 ある物をなくして探している時に

「そのうち、出てくる。」

って、言われて、

そ、そのうち!!

そんな感覚を持つようになったなんて 大きくなったなー。って思った。

下の甥っ子ちゃんが お泊りに来た時に どうしても見たいテレビがあって いつお風呂に入るか、というのを迫った時に しばらく、うーんって考えて 

「じゃあ、今のうちに入る!」

って言った。その時も、

い、今のうち!!

そんな使い方できるようになったんだー。 大きくなったなー。って思った。

人。って 文字とか計算じゃない こういう《感覚》 みたいなものは

いつ どうやって 身についていくんでしょうね。

なんでそんなことを思ったかというと 空を見上げて

季節が変わったなあ。 秋の空だなあ。って 思ったから。

この感覚も いつ、身につけたっけー?





9回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。