夏休みの宿題、いる?いらない?🌻🍉


いろんな観点があると思いますが 夏休みの宿題いらない。

と、思う。

だってー、、

言っていい? 言っていい?

夏休み明けの丸つけと 作品仕分け、教室掲示etcが

めっちゃ、大変なんだものー!

2学期スタートの大切な時期に めっちゃ、時間とられるんだものー

夏休みの友、みたいなのは 最近、保護者の方が丸つけするみたいだけど

それでも、自由勉強ノートとか 絵とか工作とか

それぞれの団体に提出するの 期限もバラバラだし

ものによっては なんか、学校外まで持って行かないと いけないのもあるし、、

もう1つの理由は、

夏休みが終わったら

もう、終わり!

で、いいと思うの。

宿題を出しなさい、 とか

作品についてみんなの前で語ったり、 とか

いつまでも ダラダラと、注意を向けさせといて

「いつまでも、夏休み気分で!」

って、叱るのは、おかしいよね。

はい、夏休み終了ー!

楽しかったね、 よかったね、

以上、終わり!

もう、9月1日から 2学期に意識を向けたら いいと思うんよね。

そうなるように

工夫するのが、先生の腕の見せどころ

とも言える気がする。

休みは、この記事にもあるように 普段、できないことを 思いっきり経験し尽くして

時間を湯水のように使って 過ごしたら、いいんじゃないのかな。

ダメ?

参考記事

「夏休みの宿題はいらない」 公立小学校の現役校長が変えたい“昭和的な”教育





41回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。