学級通信を書かなかった私が、毎日書くようになったワケ


学級通信を

ほとんど、書かなかった私が

毎日のように、

書いていた年がある。

それは。


初めて、1年生を担任した

1年間。

自分でつける日記とか

誰かと文通して、

マメに返事を書くとか

毎月送る、進研ゼミとか

およそ、そういう

毎日コツコツ系のものが

私は、全く続かなかった。

2〜6年生を

担任している時にも

学級通信は、行事や会計などの

必要事項を書くだけの

そっけないものだった。

そんな私が、変わったのは。

初めて、

1年生を担任した時にですね。

毎日、、

いや、毎時間、、

毎瞬、毎瞬

すっごく面白いことが、

いっぱい、あったわけですよ。


1年生、

6歳の子どもたちが

言うこと

やること

思いつくこと

動き

着替え1つとっても、、

ぜーーんぶ 

お・も・し・ろ・い!!


何やってんだー!

そうくるかー!!

え?地球の言葉が通じない、、だと?



ってことの連続。

パンツの上に水着、着るかー!?

とか

注射の時に、

保健室から逃げ出すかー!?

とか

ランドセルの中、

空っぽで登校してくるかー!?

とか

かくれんぼしてて、寝るかー!

とか、、、

いちいち、面白い!

面白すぎる

可愛すぎる

ネタの宝庫!

でも、私の学校は単学級で

それを分かち合う同学年の

相手がいなーい。

起こったことを

知っているのは、私だけ。

どんどん

自分の中に、

面白いネタが溜まっていく!

保育園や幼稚園なら

お迎えの時に

保護者の方に

「今日、こんなことが

 あってですねー。」

って、話せるのかもしれないけど

小学校って、保護者と会う機会は、

ほとんど無い。

加えて、1年生は、

まだ、そんなに、

たくさんの文を書けない。


家で学校のことを話す、と言うても

あんまり、まともに伝わってる

感じもしない。笑。

よし、ならば。


私が、書くしか、なかろう。


って、思って

学級通信を

書くことにしたのでした。

心が動いたこと

面白いことがあった日は

すぐ、書く。

1年間で100号くらい、

書いたかな。




でも、全然苦痛じゃなかった。

今日、こんなことがあって、

めっちゃ、面白かったんですよー