宇宙人っているのかな?その質問にJAXA大西卓哉宇宙飛行士は、こう答えた。


甥っ子ちゃんの小学校は

JAXA大西卓哉宇宙飛行士が

岡山にいた頃に、通った学校。




そのご縁で、地球帰還後に

わざわざ、小学校まで

来てくれました。


その時のことを書いた作文が

地元新聞に載ったぞ!!

この時、父兄も参加可だったので

私も、大喜びで

参観に行ったのですが




大西宇宙飛行士は




優しい語り口で

背高くって、細くって




お話も分かりやすくって

カッコイイ〜😍


甥っ子ちゃんが、書いてある通り

質問コーナーでは




一人ひとりに

本当に丁寧に、答えていました。


そして、必ず最後に




「いい質問だね。」




と、笑顔で言ってくれる。


そのナチュラルさよ✨✨✨




宇宙飛行士の方に

「いい質問だね。」

って、言われるなんて




子どもにしてみたら

めっちゃ嬉しいし




勇気出して

質問して良かった💕




って、思うよね!


私が、特にいいなー。

と思ったのは




次の質問への答え。

「宇宙人はいるんですか?」


という1年生の質問に

子どもたちから

ドッと笑いが、起きたんですよね。


科学の粋を集めた宇宙飛行士に

何ちゅうこと聞くねん、おまえー

みたいな雰囲気 。


それに対して、

大西宇宙飛行士は




全く笑うことなく

相手が1年生だから、という

一切のごまかしもなく




まっすぐに

こう答えられました。

「僕は、まだ会ったことない。


 でも、この広い宇宙に

 他に何も生命体がいない。

 とは、とても思えない。

 僕らだって

 宇宙に住む宇宙人。


 宇宙人がいない、

 ということは


 自分の存在を

 否定することになる、

 と思ってる。」

うわー、

なんて素敵な考えなんだろう!




これが大西宇宙飛行士が

本当に思っていることなんだなあ

って、響いた✨



宇宙人がいない、ということは




自分の存在を

否定することになる




ということは、その逆で

この宇宙に、他にも生命体がいる

って、思うことは


自分の存在を

肯定することになる


っていうことになるのかー




それは今まで、

持ったことない視点だったな💫



いいな、いいな。


この一言で