「怒らないから、言ってごらん。」💢って、もう、怒ってんじゃん!!


少し前。

「大事なことを 伝える」

ということについて

知人のFacebookの投稿を読んで

感じたことがありました。

※ 以下、知人には了解を得て、引用させていただきました。

学校から帰ってきた夕方から

ずっと体調が悪かった息子。

夜になって意識朦朧の中、嘔吐を繰り返す。

いろいろ聞いてみると、学校で友達と遊ぶ中で、

転んだ際、床で後頭部を打ったとのこと‼

 ※その後、すぐ病院で検査をして、大事には至らなかったそうです。

(略)

後日。

今日、教頭先生、担任の先生、学年主任の先生から

お詫び、そして家に息子の様子を見に来ました。

〇〇(←遊び)は、しないように注意します。

担任の先生→ちゃんと見れていませんでした。

今後このようなことがないように・・・ と、

妻は言われたそうです。

う〜ん、なんか違う。

遊びは、子供たちにとって大事なコミュニケーションの場、

表現できる場、楽しいひととき。

​遊びを辞めさせるんじゃなくて、TPOや加減を教えればいい。

担任の先生も、30人近い子供たち一人一人なんて、

ずっと見てられないよ。

頭は大事な所、頭を打ったら

本人か、見てた人が必ず、先生に伝えることを教えればいい。

なぜ、すぐに言わなかったのか?

言えなかったのか?

言わなくてもいいと思ったのか?

怒られると思ったから言わなかった?

血も出てないし痛がると恥ずかしいから?

そこを探って対処していけばいい。

昔は違ったような、、。

ここ何十年かで、

親や世間が学校教育をそうした?

そうだとしたら、評価される側の学校からより、

評価する側の親や世間から変えていかないとなぁ(。-∀-)

これを読んで、

息子さんが、後頭部を打ったことを自分で話せて

本当に、良かったー!

と、同時に

何だか胸が、きゅううっと締め付けられました。

この方も、書かれていますが

周りで見ていた子も含めて頭、

という大事なところを打ったことをなんで

すぐに先生に言わなかったのか?

怒られる、と思ったのか?

血が出ているわけじゃないし、

それほどおおごとではない、と思ったのか?

私は、お家で親には言えて

学校の先生に言えなかったのが

なんとなく分かる。

ような気がします。

それは、その場にいた子どもたちがどう、とか

その担任や学校の対応がどう、とかではなく

自分の過去の経験からくるもので。

それは、きっと、

私が、子どもたちへの接し方で

「よく、言えたね。」

という、言葉かけよりも

「よく、がんばったね。」

とか

「よく、我慢したね。」

と、いう、『評価』からの

言葉かけの方を

多くしていたから、だと思う。

言葉にしてなくても

頑張ることが良いことだ。

我慢が美徳。

波風を立てず

面倒なことを言ったり、やったりしないのが良いこと。

と、いうような感じの『評価』を

いつもどこかで、していたんだ。

と、思う。

痛い。

誰しも

一度は、誰かに言われたことがあるであろう

セリフ。

「怒らないから、言ってごらん。」💢

こえー。

こえーよ。

言えるわけねーよ!!

もう、怒ってるじゃん!

って、やつ。

「よく、言えたね。」

と、どんなことでも

勇気を持って伝えてくれた

その行動そのものに

心から感謝できたら。

なんでも言える

安全・安心なスペースが

創ることができたとしたら。

正直になる。

思ったことを言う。

と、いうことに

子どもたちは何の

ジャッジも持たないだろうし

こんなこと言ったら、どう思われるだろう?

と、いう考えすら

浮かばないかもしれない。

思ったことを言う。

正直になる。

自分を表現する。

大事なことは、伝える。

それが、文句なしに

受け入れられ

歓迎される時

その行動は

喜びとともに

拡がって行くんだろうなあ。

それは、何が大切かを

本当の意味で、正しく理解して

命を守ることにも繋がるんだなあ、

と、今回の知人の投稿を読んで、感じたのです。

「よく、言えたね。」

正直になれた時

勇気を出して、伝えられた時

自分にも、使おう💕




58回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。