先生だって、にんげんだもの。


ブログ開設一周年記念で

教育現場に立つ

マスター仲間に


「どの記事が印象に、残った?」


と聞いてみました。


そしたら、とっても

意外なことが分かりました。


学校に関する内容より

それ以外の方が、多かったのです。



どんなブログをあげてくれたか、

と言うと、、



「えーと、お母さんの

 金婚式のやつ!」



「お母さんが

 アバターになった時のやつ!」



「スケートのやつも、

 面白かった。」


そ!

そうなん!?


自分の中では

ドキドキしながら


学校や教育に関することは

書いていいかなー

こんなこと書いて

大丈夫かなー




どこまで、オッケーかなー

という制限を感じながら


勇気を出して、

結構、時間かけて

書いてるんですけどー😅


でも、自分を振り返ってみたら。


自分がアバター®コースを

受講しようと思った時。




学校を変えるんだ!


とか


教育に貢献するんだ!

とかいう


熱い思いも

高い意図も無かった気がする。


それより、何より


自分の人生、

何とかしたいんですけど、、




もう、疲れきって、

将来に夢とか希望とか

描けなくなってるんですけど、、




これ以上、何を頑張って、

どうしたらいいんだか、、




完全に、燃え尽きて、

これ以上できません。




誰か、助けてー!



って感じだったよ。


そうは、見えなかった

(見せてなかった)

かもしれないけれどもさ!


コースに来てからも

マスター達に


「学校の先生が、アバターコース

 来たらいいよね〜。」


「学校の先生に受けてもらって、

頑張ってほしいよね〜。」


「学校の先生って、

子どもに影響力あるからねー。」


と、言われる一言ひとことが

実は、結構グサグサ来ていて。


私は、学校の先生として

来たんじゃないのに!




1人の人間として

このコースに参加したのに、

ひどい!


と、勝手に被害者になって

追いつめられたり




責められたりしたような

気分になってた。