ひとりが100点をとると、クラスみんなでお祝いをするブータンの学校



昨日が2学期の終業式。


子ども達は 

今日から冬休みだけど


先生達は 

いつも通り出勤。


冬休みに入ったとはいえ

出張 研修 帳簿の整理 時数の計算 教室や机上の片づけ

などなど 


子どもが通っている間は  できなかった仕事を

片づけていくので

やることは、色々あります。


でも、やっぱり 

子どもが通ってきている日と

全然違って、どこか 

表情も体も緩む感じ~。



職員室の雰囲気も 

少しリラックスしたムード。

私も、いつもは 

机の上の配布物など

「んなもん、じっくり 

 見てる暇なんかあるかーい!!」


って感じで  

重要事項以外は 

ほとんど、目を通さず

印だけつけて

右から左へ流す〜

だけだったのですが


今日は、少し余裕があったので 


ふと、手にとって 

パラパラとめくってみました。

すると

これが、面白かった! !

「子ども応援便り」

という冊子の特別号で

「がっこう応援便り」

という題名。

カラーページも豊富で 

イラストも可愛い 💕 色々な国の教育について

書かれてあり


特に印象的だったのが 

ブータンの教育に触れた記事。

ブータンは 

思いやりを大切にする国です。 それが、教育にも

あらわれています。

たとえば、ひとりが 

100点をとると みんなが「おめでとう」

と一緒に喜びます。 ただ、競争心が無いのが

課題です(笑) って。

ひとりの100点を 

クラスのみんなが

おめでとう~~って

拍手をする姿を思い浮かべると


なんとも 

微笑ましい~~~ ☺️




そんな風に

人をお祝いできるって

幸せの象徴のように感じるなあ。


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

26回の閲覧

Category