兄はいつでもそばにいた



これは私が2007年に

アバター®コースを受講した時のこと。

3部の最初のセッションを

経験して一夜明け。

翌朝 公園を散歩している時に突然 それは起きました。

自分の概念がひっくり返るような経験をした

アバターコース2部を終え、、

(この経験は またいずれ)

3部の最初のセッションが終わり。

その翌朝。

今日から3部のランダウンに入り

今日中にアバターになるぞー!!

と私は意気込んでいました。

モーニングプログラムで

公園に散歩に行き

2部で学んだ 

知覚を増す練習をしていました✨

その時

フト思い出したんですよね。

「あー今日は8月13日だ。お盆だな。」

と。

お盆、は

私には特別な意味がありました。

私には5つ違いの兄がいて

私が高校3年生、兄が22歳の時に 

病気で亡くなっているのですが

私や弟のことを 

とても可愛がってくれていました。

小さい頃

ピアノの練習に1人では行けない私を

自転車の後ろに乗せて連れて行ってくれたり

誕生日には

たくさん可愛い折り紙を折ってくれたり

猫の貯金箱をプレゼントしてくれたり

夜 1人で寝るのが 怖かったので

布団に入るまで ついてきてもらったり

アトピー治療で飲んでいた

どくだみ茶があまりにも苦かったので

飲めずに 泣きそうになっているのを

ずっとそばで励ましてくれたり

少し病気が回復して

外出できた時期には

不自由な身体になってしまったにもかかわらず

コンサートに連れて行ってくれたりもしました。

兄に怒られたり

意地悪されたり、

という記憶は全くなく

ただただ 優しくて カッコイイ

自慢のお兄ちゃんでした。

なのに。

なのに 私は 

兄が病気の時

亡くなる前

優しい言葉1つ

かけてあげることができなかった。

ありがとうも言ってない。

兄が亡くなる、

という現実を直視できずに

遮断して

大学の受験勉強に 逃げて

向き合わなかった。

自分はなんて薄情で冷たい人間なんだ。

あんなに よくしてもらったのに、、

という罪悪感みたいなのが

ずーっと心のどこかにありました。

そこから

せめて

生きている私にできることは。と思い

お盆の初日13日に

お墓参りに行く。

というのを最優先事項にして

亡くなってから17年間

ルールのように 自分に課していました。

それが!

アバターコースを終了させるために

大阪に残ったということは

お盆初日だというのに

お墓参りに行くことができない!

自分のことを優先させてしまった!

よくない!

そして また罪悪感に襲われそうになった、、

その時。

突然に。

「あ、今 そばに兄がいる。」

という感じがしました。