兄はいつでもそばにいた


これは私が2007年に

アバター®コースを受講した時のこと。

3部の最初のセッションを

経験して一夜明け。

翌朝 公園を散歩している時に突然 それは起きました。

自分の概念がひっくり返るような経験をした

アバターコース2部を終え、、

(この経験は またいずれ)

3部の最初のセッションが終わり。

その翌朝。

今日から3部のランダウンに入り

今日中にアバターになるぞー!!

と私は意気込んでいました。

モーニングプログラムで

公園に散歩に行き

2部で学んだ 

知覚を増す練習をしていました✨

その時

フト思い出したんですよね。

「あー今日は8月13日だ。お盆だな。」

と。

お盆、は

私には特別な意味がありました。

私には5つ違いの兄がいて

私が高校3年生、兄が22歳の時に 

病気で亡くなっているのですが

私や弟のことを 

とても可愛がってくれていました。

小さい頃

ピアノの練習に1人では行けない私を

自転車の後ろに乗せて連れて行ってくれたり

誕生日には

たくさん可愛い折り紙を折ってくれたり

猫の貯金箱をプレゼントしてくれたり

夜 1人で寝るのが 怖かったので

布団に入るまで ついてきてもらったり

アトピー治療で飲んでいた

どくだみ茶があまりにも苦かったので

飲めずに 泣きそうになっているのを

ずっとそばで励ましてくれたり

少し病気が回復して

外出できた時期には

不自由な身体になってしまったにもかかわらず

コンサートに連れて行ってくれたりもしました。

兄に怒られたり

意地悪されたり、

という記憶は全くなく

ただただ 優しくて カッコイイ

自慢のお兄ちゃんでした。

なのに。

なのに 私は 

兄が病気の時

亡くなる前

優しい言葉1つ

かけてあげることができなかった。

ありがとうも言ってない。

兄が亡くなる、

という現実を直視できずに

遮断して

大学の受験勉強に 逃げて

向き合わなかった。

自分はなんて薄情で冷たい人間なんだ。

あんなに よくしてもらったのに、、

という罪悪感みたいなのが

ずーっと心のどこかにありました。

そこから

せめて

生きている私にできることは。と思い

お盆の初日13日に

お墓参りに行く。

というのを最優先事項にして

亡くなってから17年間

ルールのように 自分に課していました。

それが!

アバターコースを終了させるために

大阪に残ったということは

お盆初日だというのに

お墓参りに行くことができない!

自分のことを優先させてしまった!

よくない!

そして また罪悪感に襲われそうになった、、

その時。

突然に。

「あ、今 そばに兄がいる。」

という感じがしました。

確かに。

いる。

いてくれる。

兄は意識としてそこにいる。

というのを ハッキリと感じる。

私は 霊感のような 何かを見る力もないし

そのような経験も

それまで 一切ありません。

虫の知らせ、、とかもなく、

兄が病院で亡くなった時も

朝方まで受験勉強をしていた私は

ぐっすり寝てて

家にやってきた

親戚に起こされる始末。

でも その時は

明らかに

そばにいるのを感じていました。

何かを語ったり

励ましたり

するわけでもなく

見守ってくれてる。

というのでもない。

なんだろう。

今までの 何にも当てはまらない感覚。

そこから 感情や気持ちは 感じられない。

でも 確実に

「意識として 存在している」

のを ハッキリと感じるのです。

そうか。

そうだったんだ。

兄は 仏壇にいるわけでも

お墓にいるわけでもなかった。

いつも いつも

きっと

ずっと

意識は

そばに いてくれてたんだ。

私が 望めば

この17年間 いつでも

存在を感じることができたし

繋がることもできたんだ。

自分の勝手な罪悪感や

思い込みで遮断してただけだったんだ。

私がお盆初日に

お墓参りに行かなきゃ!

と思っていたのは

自分の罪悪感を埋めるため

罪滅ぼしのような気持ちからだった。

でも そんな思い込みで 

自分を縛る必要はなかった。

兄は 

私が 自分を責めることなんて

全く望んでいない。

兄の代わりの分まで頑張る必要もない。

私は 私の人生を生きればいいだけ。

やりたいことをやって

好きに生きればいいだけ。

時間にしたら 

本当に 

一瞬のことだったと思うんだけど

それらのことが

一気にダウンロードされるように

ダーーーーーッと

全身に流れ込んできた。

そこからは もう

涙が 滝のように流れてきて

止まらず 泣きじゃくった。

えーん えーんって

子どものように泣いた。

「ありがとうって言ってないよ。

 お兄ちゃんに 何にも返してない。」

えーん えーん。

「いつも いたんだ。

 そばに いてくれてたんだ。」

えーん えーん。

「お兄ちゃ〜〜ん。」

えーん えーん。

「もうアバターコースって一体何なんよ〜〜!?」

えーん えーん。

とにかく 泣きました。

振り返ると 17年前

「今 悲しみに溺れてしまったら 

 勉強なんかできない!受験できなくなる!」

と、感情を遮断していたので

思う存分泣いてなかったんですね。

嗚咽しながら オフィスに帰り

今 経験したことをマスターさんに全部話して

そして

次のマスターコースに進むのを決めました。


私は アバターコースだけでいい

その先 マスターコースも

ウィザードコースも 進む気もないし

興味もありませーん。つーん。

と ずっと

頑なな態度で受講してたけれども

それは 自分の気持ちに蓋をして

感じてなかっただけでした。

悪いことしてなくても 病気になっちゃうし

死ぬこともあるんだよ、と

どうにもならないことを いつまでも使って

落胆して 全てをあきらめて。

あきらめてるのを知られないように

必要以上に 元気に振る舞う。

みたいな。 ツカレルネー

アバターコース3部まで進んで

ようやく それが

腑に落ちました。

その時は

ウィザードコースが

何をするところで

どんなコースなのかも全く知らなかったのけど

今 思えば

あの時 確かにウィザードに触れたんだな✨

お兄ちゃん いつも そばにいてくれて

そして たくさんの愛を ありがとう💕💕


アバターって何ですか?

体験ワーク毎日開催しています

お申し込みはこちらまで


133回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。