終わることの学び


ウィザードコースが終わる。

その話を最初に聞いた時 チベットの砂曼荼羅が頭に浮かんだ。

美しい曼荼羅も完成したら すぐに水に流して壊す。

その儀式を「破壇」といい

『作り上げたものを壊す。  どんなに素晴らしいものでも  執着なく次への最良のために進むこと』

という意味があることを知った。

2020年が

最後となった アバター最上級コースのウィザードコース

1つの歴史の終わり

実際にその場にいて 何を感じるのか 全く予想がつかない。

でも もう

そのとてつもない学びが 始まっていることだけは 確かなこと。

1人でも多くの人と この経験を分かち合いたい。

『全ては流れて行きます。最後にはー。』

※ハリーパルマー著 リサーフェシングワークブックより





Category