意識が変わると同じ学校のままで何がどう変わるのか


意識が変わると

同じ学校のままで

何がどう変わるのか

教師生活の中で

幾度となく経験した研究授業。

教師である以上

自分の技能が向上するように

授業を公開していくのは当たり前。

なんだかんだと理由をつけて

何年も授業を公開しない先生のことを

私は 心の中で思いっきり批判してました。

それはもう

「授業研究は教師の肝やろ。

 やる気ないんだったら

 辞めればいいのに。」

「している先生と

 していない先生と

 なぜ給料が同じなのだ!?」

「そうやって避けてばっかりいて

授業が下手くそだから

 クラスが荒れるんじゃい!」

ぐらいのことは平気で思ってました。

 ※ ほんと、上から目線でスンマセン〜😰

そんな私が

ウィザードコースに参加した後に

クラス担任をして

最後の研究授業で感じたこと。

2009年当時の日記です。

今日は 研究授業。 ※ 研究授業というのは その年の学校の研究テーマに沿って      公開授業すること。 授業内容は 学級活動で 「お互いに 良いところを 伝えあう」 というものを選びました 授業が終わり。 放課後に行われた研究協議で。 ※ 研究協議というのは、授業をした先生と授業を参観した先生が

集まって あーでもないこーでもない あそこはああした方が良かった

    と、より良い授業をするために成果や課題を出し合う会議

色んな先生方の 

意見や感想を聞きながら、、、

しみじみと、、、、

「ああ、私は ウィザードになって 本当に良かったな。  ウィザードになって 担任を持たせてもらって  本当に良かったな。」

という 想いが込みあげてきました。 具体的に 上手く 言葉にできないのだけど。 先生方の感想の 

一言ひとことが

心にしみてきて。 一緒に指導案検討してくださった 

学年主任の先生が 

さりげなくフォローしてくれることを

言ってくれたり

私が授業中に発した一言ひとことを 

記録し 拾い上げて

「岸本先生は こんな風に 工夫をされていた。」

と、もう一度 

みなさんに伝えてくださる先生がいたり。

応援する意図がめっちゃ伝わってくるー😃

もう

全てがあたたかい。

みんなが味方。

感謝の気持ちが ぐーーーーーっと 湧いてきました 😿 今まで 私は 

先生方の こんな優しさ 

感じてこなかったんだな。 だって 以前の私は

「研究授業、やってやりますとも!この私が!!😎」

みたいな 勢いで やってたんで、、

ほんとスンマセン😰

そりゃ そんな態度じゃ

いつも 私ばっかりやるハメになる』

『誰も協力してくれないから 1人でやる状況に陥る』

『やるにはやるけど めっちゃ被害者意識』

になるわなあ。

ほんとスンマセン😰

そして

『上手く行ったら全部自分の手柄』

になるわなあ。

  ほんとスンマセン😰

実は この研究授業を引き受けた時

もしかしたら 

これが最後になるかもしれないな。

と どこかでそう感じていた。

最後の最後で

気づけて良かった。

周りの先生に

感謝することができて良かった。

ウィザードになったばかりの頃

「1200人の大規模な学校に 1人のウィザードで  いったい 何が 出来るというの。」

と、悶々としていました。

でもそれは 完全な思い違いでした。

なぜなら

アバターは、外側や周りの人間を変えようとするのではなく 自分の内側や信念を変えることで 世界が変わっていくから🌏

子どもの頃から

魔法ものアニメや漫画が大好きで

呪文や杖の一振りで

状況や他人を変えることに

(まあ要するに 自分がパワーを持って 支配してコントロールすることですな)

憧れを抱いていたわけですが。

自分を変えることで 違いを創り出す

という全く逆のことが

この世界にあり

その具体的なツールが

体系的に学べる。

というのは本当に嬉しいこと🔔🔔🔔

2008年に

初めてウィザードコースに参加して

2年経った今(2010年当時)

ジワジワと その すごさ。 素晴らしさを感じています。

自分の心を きゅっきゅっと磨いていくことで ✨ 美しいもの 綺麗なもの

感謝できることが 周りに 登場してくる




自分を変えることで 違いを創り出す!


これが 魔法✨



52回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。