自分の中の「正直さ」を観る


アバター®マスターのための

ワークショップである

インテグリティーコース

に参加するために

フロリダへ向かっています。


インテグリティーコース

というのは

「誠実さのコース」

とも言われていて


自分の中の

「正直さ」や

「誠実さ」を

内観していきます。


この、自分の中の

「正直さ」を観る




というのが なかなか、、、

いや かなーり

勇気が必要な時があります。


なぜなら


自分の中に

たくさんの正当化や正しさや

教え込み、フリがあると


自分が本当に感じていることが

分からなくなってしまい


しかも


その大部分は

分からなくしている方が

自分にとって

「都合がいい」こと、

だったりするからです。


どういうことか、と言うと


え?私 そんなヒドイこと

思ってないよー



全然 怒ってないよ、

大丈夫—♡



平気 へいきー

もう昔のことだから

すっかり許しているざます


みたいな

上っ面のごまかしが

※自分では、ごまかし

 とも気づいていない


ベリベリベリベリーッ!!

って 剥がれていって


バリバリバリバリーッ!!

って 壊れていって


え、私、実は

めっちゃ怒ってるやん



まだまだ許してないどころか

恨んでますけど!



あの時、本当は

こう言いたかった!チキショー!



うう、寂しかったんだよう

あと 本当のところはどうなん?

っていうところが出てきます。

また

誰かを悪者にしていたり

被害者になっていたことが

もうそれが使えなくなって

そういうお前はどうなんだ!?

ってところを

直視するようになります。


なんで、わざわざ

そんなことするん?




と思われるかもしれませんが



自分が本当に感じていることを

感じてあげると


めっちゃめちゃ

解放されるのです✨


魂、大喜び 💕


私の実感としては


人と繋がるのが

もっと楽になり

人と一緒のスペースにいることも

居心地が良くなり


今まで言いにくかったことが

言えるようになったり

距離を感じていた人と

近づくことができたり


その結果


いろんな現実を

創りだすことが加速し

簡単になって行きます


あと 諦めていたことが

思いもよらない形で

現実になったり




もう一度チャレンジする勇気が

湧いてきたりもします。


そんなわけで

インテグリティー最高!

となるわけです。

※これは例であり 私個人の感想です


リビングデリバレイトリー

「正直さ」について

書かれていることが




私たちの意識の使い方の

基準点になり




お互いの欺瞞について

正直にコミュニケーションが

できるようになったなら




自分の誠実さに

責任をとる大人が増えたなら

この世界は

もっと もっと

風通しが良くなるなあ!

と いつも思っています。


そんな世界を

未来の子ども達には残したい🌎


『私の言動は世の中全体の正直さを増やすものだろうか、それとも不正直さを増やすものだろうか?』


『皆が私と同じくらいに正直な世界に、はたして私は住みたいと思うだろうか?』※リビングデリバレイトリーより抜粋

 

アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

Category