仕事を減らした人を評価します。「教育の多様性博覧会〜EDU★COLLE〜行ってきたよ!」


日曜日 立命館茨木キャンパスで開催された

多様な教育の博覧会

「EDU★COLLE」に参加してきました!

参加するのは これで2回目です。

以前は 確か 5年くらい前でしたが

ブースの数も参加者数もぐっと増えて

まさに多様性が拡がったー!

って感じがしました。

最初は トークセッション①に参加。

これがとっても面白くって 解放されました!

テーマは「これからの公立学校はどうあるべきか」

どーん!

どこから手をつけていいのか

途方に暮れそうなテーマ、、。😱

なんだけど!

「教師の働き方改革」に率先して取り組んでおられる

現役校長先生の2人+オーガナイザーの方でstartしたトークは

自分はこう思う。こうしている。

っていうことを 

包み隠さず はっきり言われるので

とってもスカッとしました。

本当に大事なのは関係性

先生達の1番の悩みは人間関係

ココをやらないと働き方改革なんてできない。

何を言っても大丈夫という安心感がいる。

by 住田校長先生

前例があるというだけでやめられないことが学校にはたくさんある。

やめたいと思っているのに、みんなの前では言えない。

でも、一人ひとりに聞くと「本当はやめたいんです」と言う。

by日野田校長先生

⬅︎ 学校あるあるー(^◇^;)

   本当に大事なことの為に

   こういうのがもっとオープンに言えるようになったらな〜

「これからの職員室をどう作ったらいいのか。」

と、サティシュ・クマールさんにたずねた。

と言われる住田校長先生。

※ サティシュ・クマール

1936年インド生まれ。9歳でジャイナ教の修行者となり、18歳で還俗。マハトマ・ガンディーの非暴力と自立の思想に共鳴し、2年半かけて核大国の首脳に核兵器の放棄を説く1万4千キロの平和巡礼を行う。世界中で講演を行いSoil(土)Soul(心)Society(社会)の3Sの大切さを伝えている。(しあわせの経済 紹介ページより引用)

サティシュ・クマールさんは

「鎧を脱げる場を作りなさい。

 集まれる場を作って

 そこで飲んだり食べたりしなさい。」

と言われたとか。

さらに サティシュさんは

「テーブルはできれば 円い方がいい。

 四角じゃなくて円い方がいい。」

と。なんて具体的な提案!

でもよくわかる〜

住田校長先生は

さっそく、職員室に

caféコーナーを作られたそうです☕️😊

箕面高等学校の日野田校長先生のお話も 

言われていることは容赦が無いと言うか

キレッキレですが

とーーーーーーーーーーーーっても謙虚。

勇気ある実践を 地道にされて来られたんだろうなあ。

これは相当な修羅場をくぐられてきたにちがいない。と勝手な妄想!

やってみて失敗の場を与えてあげることが教師の仕事

さらっと言われていますけど 

相当、大胆さと緻密さが必要だと思います。

仕事を減らした人を評価します。

とも言われていました。

この発言は 衝撃でしたー!

仕事をしないのではない⬅︎これは周りの人の仕事を増やすだけ

仕事を意図的に減らす。

これができるって 

自分のためだけではなく

学校とか先生とか子どもたちのために。

という良い意図があるってことですよね。

次の世代に負の遺産を残さない。

こういう1つひとつの取り組みが積み上がって

教師の働き方改革は

為せることなんだなと感じました。

でも 先生たち 

みんなどこかで思ってるんじゃないのかな。

パソコン打ちながら、、

会議をしながら、、

提出書類を書きながら、、

授業時数を計算しながら、、

心の中では

あー 明日の授業の準備がしたいなあ

もっと 具体的にどうやって授業をしたらいいのか学びたいなあ

今日 クラスで起きたことをシェアしたいなあ

子どもへの接し方について 具体的にどうしたらいいのか聞きたいなあ

本音でいろいろ 打ち明ける場が欲しいなあ

それが 学校の中のメンバーで 

勤務時間内で できたらいいのになあ〜

って。

日野田校長先生が最後の方に

「自分の家族を一番に大切にしてください✨」

と言われたことも 心にしみました。

   ※ピザは世界を変える、とか。笑。

このトークセッションが終わった後に

テーブルの人たちと 

軽く振り返りの時間がありました。

学生さんと現役の先生だったのですが

みなさん

「未来に希望を感じたー✨✨✨」と言ってました😊

やっぱり 正直さって解放される✨✨

トークセッションが終わり、、

ブースを少し回ろうとしたのですが

どこも大盛況!

岡山から出展されていた

だっぴのブースも いつも人が座っていて 

なかなか写真が撮れず 最後の方にササっと!

2人とも 笑顔満開。

ロールモデルトークでは 

私は  石川晋先生 蔵満逸司先生 田中亨先生の

3人の先生方のテーブルを回らせて頂きました。

どの方のお話も 持ち時間の20分ではとても足りない(^^;;

さらに

2回目のトークセッション、、と続き

ビッシリ17時過ぎまで。

昼食を食べる時間が無かったので

頭は情報過多でパンパンだけど

お腹はぐーぐー 

みたいな状態になってました。

でもハートはホカホカ💕

未来の子どもたちのために 自分ができることは必ずある💕

そのためにも

教育に携わっている人たちと

もっともっと知り合いたいな〜

と、感じた1日でした。

イベント主催者の方々、スタッフさん、ブース出展の方

全国から集まった教育関係者の方々。

本当にありがとうございました。




76回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。