母のアバターコース⑤ 最終回 自分の態度1つで世界は変わるってこと!



2、3部に進んだ母の様子を

メールで弟に知らせる日々

「母のアバターコース④ 

シフトする意識」

 

マスターの方達の

慈しみたっぷりの

ケアとサポートで


ついに母が

アバターになりました💕💕💕

アバターコースで

正直に自分の内側を

探求した母は




父との新しい関係を築くために

ずっと言えなかった思いを

話すことを決めました!

すごい勇気!!

ドキドキする〜😆

そのために

私と帰宅時間をずらし

一足先に岡山に帰った母。

そこでどんな話がされたのかは

2人だけのことなので

詳しくは聞いていないのですが

後で母から

聞いたところによると、、。

初めて作った白菜を

褒めてもらえないどころか

「そんなのまぐれじゃ。」

と言われたことに 

ものすごく傷ついたことを伝えた。と。

そしたら父は

「そんなの覚えとらん。」

って言ったらしい。

そこで

ずっと恨みを

抱えていた母は


お、覚えてない!?

って、脱力したんだけど

それでまた

腹を立てるのではなく

「あー、言えて

 スッキリした✨✨」

という気持ちになったそう。


父が謝る、謝らない

相手がこうだからー

というのは関係なくて


正直な気持ちを

伝えることができた自分に

思いっきり 💮 を

あげた感じになったみたい💕


これからは 

お父ちゃんに頼るもんか!

って意地になるのをやめて


1人で抱え込まず

わからないことは

聞いたらいいし、

できないことは

やってもらったいい。


自分1人でやる必要は

ないんだな〜


って、ゆるんでた。

いつでも

自分の態度1つで 

世界は変わるってことね!!

もうすっかり

源になっている母は

その勢いのまま


「で。私、今月末から

 アメリカ行くからー🇺🇸✈️」


ってさらりと

父に話し、準備万端。




すげーな😆

さて、この出来事を

父の視点で見てみよう👀



「2日間で、帰ってくるから!」

と言って、出て行った母が

結局9日間帰らず


その間、近所の人に

あれこれ聞かれて

困った日々を送って


母が帰って来たかと思えば

開口一番 

40年前のことを持ち出され


言いたいことを言われた挙句

話の最後に 


「10日後、アメリカ行くから🇺🇸✈️」

って、トンデモ計画を発表されるも


止める理由も術もなく

「お、おう。」

と返事するしかない状況。

でも、快く

(かどうかは分からないけれど^^;)

送り出してくれました。


感謝💕


もう1つシェアしたい

エピソードがあります。


母は、実に簡単に

マスターコースを決めました。

コース中、マスターの私が 

母の目覚めが

最高のものになるように

ツールを使ったすぐ後



ちょうど

ウィザードコースの

インスピレーションDVD

見ることになりました。


それを見ていると、なぜか

ウィザードコースに

に行ったことも無いのに


涙が後から あとから 

溢れてきて

止まらなくなったんです😢

お母ちゃんも

ウィザードに

連れて行ってあげたいなー

一緒に行けたらいいなー


っていう思いで 

いっぱいになって


DVDが終わった後

そのまんまの気持ちで

隣で見ていた母に


「マスターコース行く?」

と聞いたら


「うん。」

という返事が返ってきた。


それだけ。


私は

「あ、お母ちゃん行くんだー。」

って。

不思議な感覚が

起きたのはその直後。

母がマスターコースに行く、

と言うので

登録用紙を書いたのです。

その時!

私の周りの何かが



おめでとう〜 

おめでとう〜🎉🎉🎉



って、めちゃくちゃ

祝福を送ってくれて



鐘がリンゴン 

リンゴン 

鳴っている感じ🔔🔔🔔 

なんだこれは?????


登録用紙をマスターに渡すために

部屋を歩いていくのですが


まるで、ふわふわした雲の上を

歩いているような感覚。




肩凝りなんかも吹っ飛んで

身体が軽い✨

視界も一気にクリアになって

部屋の空気も

澄んでいるように感じる✨✨

これは一体何!?

私に何が起きたの!?

今でも、あれが何だったのかは

分からないのですが


何かにめっちゃ 

お祝いされて




身体の肩凝りとか

重さが一瞬でとれて

部屋の空気が

一気にクリアになった✨


という感覚だけは

ハッキリと残っています。



このことを同部屋の

ニュージーランドのマスターに

話したところ




「真由子にギフトが来たのよ〜💕」




という、表現してくれました。

そして、その後の昼食時。


コース会場ホテル周りを

散歩した時に母と見た

箕面の紅葉は 

今までで1番美しく感じました🍁

もう1つ

ご褒美だ!

と自分が感じたこと。


11月末から

母と一緒に参加した

フロリダのマスターコースは



最高of 最高

得も言われぬ経験!

私が高校に入学して

間もなく、兄は病気になり

大学受験直前に亡くなった。

なので高校生活の3年間は

母は病院に看病に行くことが多く

家にいないことも多かった。

そのあと、大学で関西に出て

4年間下宿生活。

教師になって県北に配属になり

3年間一人暮らし。

15歳−25歳までの約10年間

私は母と一緒に暮らしてない。

空白の10年間。

それは過去に起きことなので

タイムマシンに乗って 

過去に戻らない限り 

どうすることもできないこと。

当時は、兄の病気、

という仕方ない状況だったし

あれから15年以上経ち

自分も、もう、大人になっているので

何とも思ってない。


と、自分では思っていたのだけど。


それは、感じていないだけでした。


マスターコース期間中


母とは、9日間ずっと朝昼晩 

一緒にご飯を食べて

同じ部屋で隣にベッドを並べて 

寝起きを共にして




たわいもない、おしゃべりをして

スーパーに買い物に行って

ずっーーーーーと、同じ空間で

一緒に過ごしていました。


9日間が終わってみると、、、


その10年間の空白が

埋まった気がしたのです✨


それは 



日常を過ごすだけだったら

創り出すことが

できなかったであろう


時間や空間を超えて

経験できた、魔法の時間でした。

アバターってすごいな💕

人生で失った、と自分が

気づいていなかったことですら




取りこぼすことなく

完璧なタイミングで

経験できるようになっている。


今回のこのシリーズを書くにあたり

母に了承を得るための

短い電話をしたのだけど


突然、母から



「まゆちゃんのこと 

 恨んどったんよー。」



という、物騒な発言が飛び出す。

ええっ!?

私、感謝されてもいいんちゃう?


と思ったんだけど

母は続けてこう言いました。




この言葉をシェアして

今回のシリーズの

締めくくりにしたいと思います。

私、コース中に

まゆちゃんが何を言っても

教えてくれないから 

何で教えてくれないのー!?

って恨んでいた。


見捨てられたように感じていた。

でも、後になって分かったの。

これは、自分が感じないと 

何にもならないんだってことが😊

お読みくださった方、

ありがとうございました💕




この経験が 

誰かの役に立ちますように!



母のアバターコース後日談→

10年後母の夢は、現実になります。

 

アバターって何ですか?

体験ワーク毎日開催しています

お申し込みはこちらまで

Category