めんどくさーい。やりたくなーい。


夏休み。

我が家に、ドリル持参で

お泊りにきた、甥っ子ちゃん。

小学4年生と1年生。

お父さん(私の弟)に

「勉強もするように。」

と、言われたのもあり 

しばし、お勉強タイム。

最初のうちこそ、

大人しく、していたのだけど

1年生の甥っ子ちゃんは

3ページくらいしたところで

「めんどくさーい!やりたくなーい!」

と叫んで、鉛筆投げた!

そして、なんと

投げて、走って、逃げ出した!

その時

逃げる男子と見れば

とっさに、追いかけるという設定の私に

自分でも

びっくりするようなことが、起こった!

「それだーー!!よくぞ言ってくれた!」

っていう思いで

いっぱいになって

どうしようもなく

笑いたくなる衝動が、突き上げてきて

声を上げて

笑ったんです!

わけが分からないけれど

その 

全身全霊の拒否!!

の発信に

めっっっっちゃ 解放された!

そうだよ

そうだよ

めんどくさいよね

やりたくないよね

この、暑いのに

せっかく休みなのに

誰が

夏休みの宿題なんて

やりたいものか。

「やりたくない。」

この一言

あんた正直だよー。

ああ

きっと

私も言いたかったんだなー。

「めんどくさーい。やりたくなーい。」

今度、

甥っ子ちゃんと一緒に

叫んでみよう💕💕💕




81回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。