みんな教師 思いは同じ



クラス担任をしている時に

ウィザードコースに行ったこと→

私には夢がある



帰国後のクラスや子どもたちの変化→

子どもたちに一体何が起きたの!?音楽編

子どもたちに一体何が起きたの!?体育編



岸本先生がいない方が上手く行く→

最悪で最高!


これらの4つの記事は

ウィザードコース前後に

自分や子どもに起きた変化です。



今回は、教師編です。

私がウィザードコースに

行っている10日間。



私のクラスは  

教科担任制を

とることになりました。



少人数算数の先生が

担任のように

メインで入ってくださり




そこへ 教頭、教務の先生が

加わるなどして




4人の先生方が

サポートチームを

組んでくださったのです!感涙


A先生が 

国語、算数、

朝の会、帰りの会、給食など



B先生が 

音楽、図工



C先生が

体育



D先生が

理科


4人のうちの

3人の先生は 

管理職の立場です。



さて、管理職の先生に

10日間分の授業計画を伝え

お願いしないといけないのですが




管理職の先生ってだいたい

職員室でも、前方に並んで

座っていることが多く




普段から、その場所は

用事が無い限り、必要以上に

自分からは、近づかない領域。




しかし、今回ばかりは

出発数日前に、教科書を持って

「この単元をしてください。」

と、お願いに行きました。



もう学校なんて、毎日が

世紀末的に忙しいのが日常なのに




管理職の仕事+αで

授業までしないと

いけないことになって




しかも10日間も

お前何考えとんじゃ

非常識にもほどがある

仕事増やしてスンマセーーン

(私の心の声)




って気持ちでいっぱいの私は

そりゃあ、恐る恐るですよ。



みなさん、

いい方ばかりなのですが




私の方が、勝手に

「頼みにくい」

と思ってしまう。


が、ここで予想外のことが

起こるのです。


そこで見た光景を私は 

一生忘れないと思います。



職員室前方まで行き

教頭先生たちに

話しかけようとするんですが




当たり前ですけど

みなさん、めっちゃ

仕事されてるんですよ。



パソコンに向かったり

電話をかけたり

書類に書き込んだり、、



待ってても、

仕事の波は途切れません。




思い切って

「あのー、これ留守中に

 お願いしたい単元なんです。」

と言いました。



てっきり、顔もこちらに向けずに

「忙しいからそこに置いといて。

 後で見るから。」

と返ってくる、と思っていたんです。


ところが!




先生方は、パッとこちらを見て

ニコッとして


教科書を受け取って

その場ですぐに開いて



むさぼるように

読まれたのです!!



それも3人全員が。