幸せは早いもの勝ち、じゃなかったよ


マスター仲間と

アバター第1部リサーフェシングワークショップ

「透明な信念」という、ワークをしてました。

私の変えたい状況は

「人の成功を心から称賛できない」

そう、そうなんです。

自分でも、分かってるんです。

リアルに、感じてるんです。

口では、

称賛や祝福の言葉を発していても

心の底では 

ちっとも 

ちーーーーーーーーーーーーーーーーーっとも

そう、思えてないことを。

それを

何とかしたかったんです。

だって、苦しいもん。

妬みや嫉妬に駆られながら

うわべだけ

「よかったねー。おめでとう。」

とか言うの。

それって、

ただの嘘つきじゃん。

シンプルなワークを

15分ほど続けた後に

ポロリと出てきた信念は

「幸せは 早いもの勝ち」

 ・・・あー!

みんな仲間     とか 助け合いましょう  とか

なかよくしましょう とか

学校では、先生の顔して

子ども達に、しゃあしゃあと言ってたけれど

心のどこかで

やっぱ 早いもの勝ちだよね 何事も!って

思ってる。

思ってるわー。

協調を

口では、教えながらも

自分の中にあるのは 

まさに、競争社会につながる信念。

その時に ぱららららら~と 

頭の中に浮かんできました

ある場面。

それは

3年前(2007年)に 

自分が受講した、アバターコースの最終日。

たくさんの人が 

コースを修了されて

会場の前の方で 

次々と、アバター誕生の

紹介アナウンスが行われていました。

私は、その時には 

まだ3部の途中。

いつもの私なら 

人に先を越されるのが 

悔しくて くやしくて

拍手しながらも 

うわべだけ~👏(超失礼)

作り笑顔 〜😊(むしろ怖い) 

だったのが 、、!

その時は ほんとーーーーーーーーーーーーに 

心から

「良かったね~。おめでとう💕」

って 祝福と称賛の拍手が出来た。 👏👏👏👏👏

自然と出来た!

喜びからできたよう!

「ちきしょー。」💢

「けっ。」   😤

「今に見ていろ。私だって!」😠

みたいな気持ちは、全く起こらず

その時

自分の中にあったのは

「大丈夫〜。私も、もうすぐそこに行くから。」

という根拠のない ゆったりとした 安心感。

それは「先を越されても悔しくない」

人生で初めての経験 

だったような気がします 。

当時の私にしたら

これは奇跡ですよ、奇跡✨✨✨

そして、その

「心からの祝福と称賛を贈る 」

ことが出来ているのが

とても とても 

心地よく 

幸せに感じたのです💕💕💕

幸せに

「先着何名様」という

競争の信念を持ち込んでたよ。

幸せは、

「早いもの勝ち」

なんかじゃなかったよ。

もっと もーっと

ゆったりとした、安心感が拡がるものだったよ💕




97回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。