担任がいない方が子どもが育つ!?先生がいない間に、何が起きたの?体育編


この記事は

こちらの続きになります。



年休を10日間とって

ウィザードコースに行ったこと 

私には夢がある

帰国後のクラスや子どもの変化

担任がいない方が子どもが育つ!?

 先生がいない間に、何が起きたの?

音楽編




今回は体育編です。🏀⚽️🏃

朝の会で


♪天使にラブソングを♪


を彷彿とさせるような

パッション溢れる

歌と身体表現を

披露してくれた子ども達。


体育の時間になりました。


この時期

体育は、サッカーなんですよね。


で、私がいない間に

体育を担当して下さったのは

教務の先生。


教務の先生は、

体育を専門に研究されていて 

長い間、県の研究授業を

牽引されてきた方。

しかも専門は、サッカー⚽️⚽️⚽️


これだけでも

出来すぎなタイミング✨

私は、この先生に

教えてもらったのだから

上手くなってるんだろうなー

くらいには思ってました。


が!


ここでも予想を上回る展開が!!

体育が始まりました。


体育係が前に出て、

準備運動をします。


めっちゃ、キビキビ動いてます。🏃


そのあと、ある子が

私のところに走ってきて

こう言いました。



子ども

「先生、今日はAパターンですか。

 Bパターンですか?」



「(え?何それ。わからん。)

  えーと、じゃあAパターン!!」



子ども

「みんな〜。

 今日はAパターンだって!」

係りの子が

言うやいなや



みんな 


動く 動く

働く 働く

コーンを並べて

ボールとってきて

ゼッケンつけて

整列して

それぞれが

きっちり目的意識を持って

動いている!




ウロウロしてる子なんて

一人もいやしない。


ぽかーん、として見ている私😦




何この、

歴史ある常勝チームみたいな

鍛えられた動き。



あっという間に、準備完了。

その無駄の無さに

あっけに取られて、

固まっている私に

体育係の子が

「あ、先生は、

 時間だけ見といてください。」



「は、はい。」


私がすることは、時間が来たら

笛を吹くことだけ。