「2012年に世界は終わるの?」


2012年以前のエピソードです。

三学期のある日

いつも元気な I君が浮かぬ顔で 私の机のところに来ました。 そして不安そうに 何を言ったかというと…

「先生、2012年に 世界は終わるの?」 あー、今テレビでやたらと特別番組放送しているな~ 年末だから テレビをよく見たのね。 と、軽い感じで受けとめていると I君は ますます 顔を曇らせて 続けて こう言いました。

「2012年って言ったら、僕たちは まだ12歳じゃろ。  12歳で死ぬなんて そんなの 全然生きてない…。  テレビで世界が終わるって言っとるから、不安が消えんのんじゃ。」

これは

本当に衝撃的な

告白でした。

I君は 冗談でも何でもなく 真剣に 不安に思って 

心配で心配で そんな年齢で死にたくなくて 私のところへ 訴えにきたのです。

子どもは サンタクロースを信じるのと 同じ純粋さで 2012年には 世界が終わると 信じて 心を痛めているんだ!

何てこと!

大人たちは現実とテレビの区別がつくけど

不安や恐怖を煽るような番組で

友達と遊べなくなるほど 

ダメージを受けている子もいるんだ、、

これは、大人の罪だよ〜( ; ; ) 私は I君を まっすぐ見て こう言いました。

「あなたは、12歳で死なない。  先生も 死なない。

 世界は2012年には終わらない。

 終わるっていうのは、きっと  もっと 良い時代が来るってことなんだと思うよ。  あなた達が大人になる頃には  戦争も無くなって  みんなが もっと もっと 仲良くなってるから大丈夫!」

心から 確信度100 で伝えました。 すると I君の 表情がみるみる明るくなって

「先生は 何の心配もしてないんじゃ!!」

と、言って 友達と遊び始めました。 次世代にいいものを残したい とか 地球を良くしたい とか 子どもたちに明るい未来を とか 今日 この瞬間ほど 強く 感じたことはありませんでした。 どうやら I君の この発言は 私の内なる決意にスイッチを入れてくれたようです。

もし、今の大人達が  心から お互い 信頼し合って 親切心と 思いやりと 慈しみにあふれていたら

I君が信じるものは

きっと 世界の終わりではなく

別の未来✨

大人がより良い世界を信じていること。

それを創り出そうとしていることが

どれだけ子どもに安心をもたらすか。

そのために

意識をクリーンナップすることが

次世代にできる最高のプレゼント🎀


89回の閲覧

Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。