「あー、子どもに言いすぎちゃったー!」先生だって、人間。学校行きたくないくらい凹んだ時は、どうしたらいい?


担任をしていて

凹んだ時に

特によく使っていた

アバター®ツールが




アバター第1部

「リサーフェシング®ワークショップ」

の中で紹介されている

「和解のために歩く」

「慈しみ練習」でした。

今日は「慈しみ練習」の

経験からシェアします。


私が、この練習を

最初に使おうと思ったのは




学校で、子どもを叱って

フォローできないまま、

下校させてしまって

その事が、家に帰っても 

頭から離れなかったとき。

あー、やっちゃったな。


言い過ぎたかな。

子どもは、 

どう思ってるだろうなー。



私の顔、

見たくないだろうなー。

明日、学校、

行ぎだぐないな~、、。 😞

と、凹んで

なかなか浮上できない。




でも、どんなに悔やんだところで

時間は、巻き戻せやしない。

そんなときに

あ、この練習を使ってみよう

と思い立ち、

すぐにやってみました。

その子どもに 

意識を伸ばし

顔を思い浮かべて

ステップの1つ1つを

丁寧に感じながら、、

時間にすると

2分くらいでしょうか。

そうすると 

「あ、明日も

 元気に学校行こ!」

という気持ちに

早変わり

自分を責める気持ちから

固くなっていた心が

もう一度、

柔らかさを取り戻して


気持ちが

明るくなったのを感じました。

この練習は

いつでも どこでも 

自分がしたいと思う方へ


だれにでも、できます。




興味がある方は 

慈しみカードのサンプルを

差し上げます。

件名に「慈しみカード希望」

と、お書きの上

こちらからメッセージください。




先生も子どもも

少しでも心が軽くなり

HAPPYな

学校生活になりますように❤️


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

261回の閲覧

Category