友達なんで!



先日、補強に入った

クラスでの出来事。




筆箱を忘れた子どもが、

鉛筆や消しゴムを




周りの子から

ちょっとずつ借りて




1日何不自由なく

過ごしてたの、

なんか良かったな。




「忘れた!貸して!」




って、屈託なく借りてて

おお、生きる力あるなー!

と思った。




貸す方の子どもも

私の顔をチラッと見た後

(なんか言われると思ったのかな)




「友達なんで!」

ってニッコリ笑って

気持ち良く、貸していた。




なんつーか、粋な態度だった。





子どもたちの寛容さに

心がほっこりした💕




私は、貸し借りで起こる

トラブルの対処が

はっきり言って面倒だ。




なので、それを避けるために

子どもが忘れ物をした時には 

私が用意したものを貸していた。




でも、そうすると

子どもたちの間に

こんな助け合いが

自然発生的に起きる機会も

なくなっちゃうんだなあ。




どんな物事にも

別の視点

別の可能性があるなあ。




子どもたちの真っ直ぐな行動には

いつでも、ハッと気づかされる。


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

20回の閲覧

Category