進撃の巨人の伏線にも度肝を抜かれるけれども、1番驚くのは、自分が張った人生の伏線に気づく時。


漫画の《進撃の巨人》が

あと2回で、最終回を迎える。

(2021年2月現在)


巨人に喰われる、という内容と絵から

何か怖そう、、と思って

読んでなかったんだけど


友人の




「進撃の巨人はね、、伏線回収がすごいよ。」




のオタク心を射止める一言で、




あっけなく、陥落!


まだ伏線回収まで

追いついてないけど、




なるほど、これはスゴイ。


アバター®ツールを使っていると

この【伏線回収】をよく経験する。


子どもの頃に大好きだったこと

大切にしていたこと

切なかったこと

夢見ていたこと

不思議に思っていたこと

やりたかったのに、あきらめてしまったこと

もっと、続けたかったこと

謝りたかったのに、そのままにしていたこと

夢中だったのに、すっかり忘れてしまっていること

自分にはどうすることもできない、と思っていたこと


私たちは、大人になるに連れて

心の奥底に、それらを

しまい込んでしまっていることがある。




そして




当の本人は、しまい込んだことも

どこにやったかも




中身さえも、

すっかり忘れてしまっている。




それは、もしかしたら

この人生で自分が

1番経験したかったこと、

だったかもしれないのに!




それらが、アバター®ツールを使うと

自分の手もとに、戻ってくるのだ。




どんな風に、戻ってくるかは

人それぞれで



懐かしさと共に

よみがえってくることもあれば




視点の変化が起きて

「そういうことだったのかー。」

と、胸がいっぱいになることもある。


そのたびに、


《 What a beautiful life !!! 》




という想いに、包まれる。


ツールを使って自分の人生を探求し、

これは、自分が創っていたことだったのか。




と、驚きに満ちた9日間を経験する。




意識の仕組みの芸術

宇宙の采配

人生の深遠さを




とことん、味わう。


これほどの冒険は、他にない。


ㅤ 

人生には、まだ

自分が気がついていない伏線が、

隠れているかもしれない。


年齢に関係なく、

これから思いがけない展開が

起こるかもしれない。




いまだ味わったことのない感情や

思わぬ人との出会いが

あるかもしれない。



そんなことは

今の時点では、誰にも分からない。




人生の伏線回収は、まるで

サプライズの贈り物の

リボンを紐解くみたいに

ワクワクどきどきする。




何が、出てくるか。

何が、飛び出すか。




箱を開けてみて、初めて




自分が何ものか、が分かるのだ。





人生の大きな伏線を回収し

予想を超える経験を創り出した

母のストーリーは、こちらからどうぞ→

「68歳のデビュー!

〜あなたの夢にかぶっていた ほこりを払いましょう〜」


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる