もし、何の制限もなかったら


「先生は、どこの国に

 行きたい〜?」




ある休み時間に子どもに

こう聞かれました。




その時私が、

とっさに思ったこと。




「え、そんなこと言ったって

 今、海外には自由に

 行けないやん。」




その考えが

頭によぎってしまい

すぐに答えられずにいました。




質問した子どもは、

そんな私に構わず




「僕はね〜。

 まず羽田に行ってー✈️そこから

 ニュージーランドに行くじゃろ。

 そこから、アメリカに行って

 〇〇に行って、、。」




と、めちゃくちゃ楽しそうに

話し始めたのです!




その時の私の

「うわー、しまったー」感

と言ったら!




私は、コロナ禍という状況で

制限がある中で

物事を考えるように

なってしまっている!!!




うわー、しまったー!!😱




子どもが思い描いた

何の制限もない

自由にワクワクした未来に

触れることで




自分が、すっかり

【制限付きの世界】に

落ち入っていることに

気が付きました。




怖いのは、それに慣れてしまって

そんな思考が

当たり前になっていたこと。




想像力すら、働かせるのを

サボっている!




もっと、怖いのは




「え、そんなこと言ったって

 今、海外には自由に

 行けないやん。」




と、とっさに子どもに

言ってしまいそうになったこと。




あ、あぶなーーーーーーー😰




今の状況がどうであれ




何の制限もなかったら、

何がしたい?

どんな経験がしたい?




その方向に思いや想像を

拡げていくことを

常に気づいておこう!




その意識が

未来を創っていくのだから✨✨

 

アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる

閲覧数:17回

Category