これについて、私はどう感じているか?



マスター仲間が

アバター®コース開発者の

ハリー・パルマーの本の

一節を訳していた。




それが、今の私に

とても響いた。


Getting real is the honest, nonverbal answer to, ''How do I feel about this?''

And there are no rules about how you should feel.



“リアルになるということは

「これについて私はどう感じているか?」

への言葉によらない正直な答えです。



そして、あなたがどう感じるべきか

についてのルールはないのです。“




『Love Precious Humanity

- The collective Wisdom of Harry Palmer』

ハリー・パルマー著より




※日本語訳 Sachiko Wakita


アバター®コースを受講した時

私が、衝撃的だったのは




「感じている」




と、自分では

思い込んでいたものが




実は




「どう感じるべきか」





「どう感じたいか」




で、作られていたんだ!




と気づいたこと。





それらを取り払うこと。




そして、ただ




「自分は、どう感じているのか。」




そこに、自分の身を委ね

感じるままにさせることが




1番、簡単なようで

1番、難しかった。




小さい頃から受けた教育は




こういう時には、ありがとう。

って言うんだよ。




周りに迷惑をかけるから

我慢するんだよ。




そんな教え込みも、

多かったように思う。




痛かったら、イタイと感じる。

嫌だったら、イヤだと言う。

嬉しかったら、嬉しさを存分に味わう。

喜びを全身で表す。




そんなことを自分に許したら

世界がみずみずしく

感じられるようになった。




これは、アバター®コースを

初めて受講してから

14年経っても




色褪せない、経験の1つだ。


アバターって何ですか?

→まずは本を読んでみる

→まずは体験をやってみる


Category

  • Facebook
  • Twitter

全てのコンテンツ©2019、Star's Edge、Inc.EPCはStar's Edge、Inc.のサービスマークです。Avatar®、ReSurfacing®、Thoughtstorm®、Love PreciousHumanity®、Enlightened PlanetaryCivilization®およびStar's EdgeInternational®はStar's Edge、Inc.の登録商標です。

全権を保有しています。